モンスターを倒してもレベルの上がらない妖狐ちゃんは3日で勇者に国外追放されて辺境国で好き放題!え!?戻って来い?絶対ム〜リ〜私、レベル1の無能ですから!《天才妖狐ちゃんの辺境やり直し生活》

ふぐ実

第1話 エリートギルドに入会ね!

 舞い散る桜の花びらが私達の明るい未来への門出を祝っている。桜並木の中をまだ小さな弟くんを連れて颯爽と歩く。


「ハルカ姉ちゃん、待ってよ〜」


 10歳になった私は教会で行われた職業診断で『大魔導』のジョブだと診断された。


 この国では10歳に達した子供は全員、教会で職業診断を受ける事になっている。

 

 職業診断を受けた直後から数多のギルドが私をスカウトしに訪れた。


 世間ではこれを青田買いと言うらしいわ!


 その名だたるギルドの中から私が選んだのは最強ギルドとして名を轟かせているトップギルド『ワールドファースト』よ!


「ほら、エリートらしくキリッと歩きましょうね」


 弟くんに天使の微笑みでニコリとする。 


 100年に1人の逸材として王都のトップギルド『ワールドファースト』に迎え入れられ、今日から勇者パーティーのメンバーとして華々しいデビューを飾るの!

 

 王都の一等地にあるワールドファーストのギルドハウスが見えてきた。その玄関で黒い服を着た老紳士がハウスの扉を開いてくれた。


「ようこそ、ワールドファーストへ。皆さんお待ちです」


 貴族の御屋敷みたい素敵なギルドハウスで沢山の冒険者達が出迎えてくれる。総出ってやつ!


 出迎えの中央にいるの金ピカ鎧のイケメンが勇者ね!


「ハルカ、よく来てくれた。天才妖狐の活動を期待しているよ。困った事があったら何でも言ってくれ」


 天才妖狐と呼ばれた私は金色の美しい毛を持つ狐人こじん


 真っ白な歯がキラリと輝くイイ笑顔で勇者様は私を歓迎してくれる。


「はい勇者様! 私、全身全霊でお役に立ってみせます!」


 希少種族の狐人族は生まれつき魔力が高い種族として知られている。例に漏れず私もかなり高い魔力を有しているみたいで、教わらなくても炎魔法を使う事が出来た。


 まだモンスターを倒した事はないけどね!


 このギルドへ所属する事に決めたのは6歳の弟くんと一緒にギルドハウスで暮らすのを認めてくれたから。

 

「君が弟のシュン君だね。才能豊かな狐人族を2人も得られるとは我々のギルドは最強になってしまうぞ! 活躍して貰うのはまだ先だけどよろしく頼むよ」


 でも、弟くんは私みたいに炎魔法を使う事は出来ないの。私はこの世界に来た時から使えたのに……

 きっと弟くんにも特別な才能があるわよ! 何と言っても希少種の狐人族なんですから。


「はい勇者様! 僕もお姉ちゃんと一緒に頑張る!」


 ああ! 何て素敵な勇者様なのかしら! こんな幼い弟にまで期待して下さるなんて! 私、頑張るよ!!


「ハルカ、さっそくだが一気にレベルアップして貰うよ」


 一気にレベルアップ? チョコチョコとスライムとか倒すんじゃないの?


「よく分からないですが、よろしくお願いします!」


 私は勇者パーティーの支援で莫大な経験値を稼がせて貰えるんだって! 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る