その後のお姫さま

霧野

第1話 魔法の鏡


 鏡台の引き出しから、かすかに声が聞こえました。


 姫は足音を忍ばせてドアに駆け寄り、外を窺います。この時間、家来には人払いをしてあったし、夫はもとよりこの部屋には寄り付きません。

 誰もいないことを確認すると、姫は無駄に広い部屋を横切り急いで鏡台へ向かいました。


 引き出しの中からきらびやかな手鏡を取り出し覗き込むと、濡れ羽色の黒髪に雪のような白い肌、リンゴのような真っ赤な唇の可愛らしい顔が映っています。



「鏡よ鏡、麗しき姫を映しておくれ」


 歌うように呪文を唱えると、鏡の一角に美しい姫君が映しだされました。

 輝く金色の髪に真珠のように艶やかな肌。青い瞳はどことなく高貴な光をたたえています。



「わああ、初めまして。白雪ちゃん」

「きゃー、お会いできて嬉しいわ。シンデレラちゃん」


 鏡の中の相手に向かい、互いに手を振ります。二人とも喜びに満ち溢れ、この瞬間を待ち望んでいたのがよくわかります。



「素敵な鏡をありがとう。顔見て話せるの、嬉しい」

「文通もいいけど、やっぱり話したいわよねえ。ってか、ごめんなさいね。思ったより時間かかっちゃって」


「ううん、全然! 魔法の鏡だもん、リメイクに時間かかって当然よ。むしろ、今まで伝書鳩に手紙運ばせてたこと考えれば、あっという間だって。で、その後、継母さんの具合はどう?」


「あー、鏡の呪いで醜い老婆のまま固定されちゃってね。ずっと牢屋に入れられてるわ。鏡の精さん、ブチ切れたみたいで」


「まぁ、ヒスってバキバキに割られたらね。そりゃ怒るわ」


 毒りんごによる白雪姫暗殺に失敗したことを知った継母は、怒り狂って鏡を罵倒し、引き倒して割ってしまったのでした。その際、魔法の鏡の呪いがかけられ、変装した醜い老婆の姿から戻れなくなったお妃様は、気の狂った不審者として投獄されているのです。


 お城に戻った白雪姫は、割れた鏡をいくつかの手鏡に作り変え、その一つをシンデレラ姫に送ったのでした。



「でもそのおかげで、こうして白雪ちゃんとお話できているんだけれども」

「ほんと、ありがたいわ〜。お礼に後で、牢屋にりんご差し入れしようっと」

「ちょ、それ煽ってる。煽ってるから」


 二人の姫君は可愛らしく声をたてて笑いあいました。魔法の鏡もその笑いに加わるように、きらりと光りました。


「それにしてもさぁ、シンデレラちゃん、初めて会った気しないわ。文通してたとはいえ、ずっと前から知り合いみたいな」

「わかるー。それにしても白雪ちゃん、噂どうりすっごいかわいい。髪すごい綺麗だし。何使ってるの?」

「杏のオイルよ。前は椿オイル使ってたんだけどね、私にはちょっとリッチすぎるかなって」


「杏に椿ね。メモっとこ(カキカキ)……よし。ってかさ、私のことは『エラ』って呼んで。そっちが本名なんで」

「ああ、そうだったわね。手紙だとエラ呼びだったのに、顔見てテンション上がっちゃって忘れてたわ。んじゃ、私は『ユキ』でいいから」


「オッケー、ユキね。あのさ、ユキからの手紙、全部取ってあるのよ。たまに読み返したりしてた」

「ほんと? 実はわたしもなの。だって話し相手は小人たちと森の動物くらいしかいないし、退屈でね」


「そうそう。姫って結構孤独よね。うちなんて、私が下積み長かったじゃない?」

「下積みw」


「それで城の誰より料理も掃除も上手なんで、料理長兼掃除長みたいになっちゃって。料理は劇的に美味しくなったって喜ばれて、お城は隅々までピッカピカ。おかげで慕われてはいるけど、なんか妙に忙しくてないし……」


「姫感って」

「うちらしか使わない言葉」

「姫特権」

「そんな特権いらないから〜」



 瞬く間にうち解けた二人は、また笑いあいました。すでにお互いにリラックスしていて、片肘ついて紅茶など口にしながらのおしゃべりです。


 姫君たちの女子会は、始まったばかり……


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る