十一日目:キミは死に戻ってないよね?

 ループ十回目。気が付くと同時に玄関の呼び鈴が鳴った。

 出ると予想通り、春日スバルが立っていた。

 それにしても酷い顔色。疲れてる? お茶でも飲む?

 

 笑いかけリビングへ案内しようとするが、昨日のアレはなんだ?! と私の両肩を掴み問い詰めてくる春日。

 確定だね。そして、私が同類だと分かっている。流石は学年一の秀才。話が早くていい。

 

 一旦落ち着かせ話をすると、春日は頭を抱えてしまう。まぁ、当然か。

 ループだけでも手に余るのに、やっと見つけた同類は死にたがりだ。笑える。

 ただ、私としては是非とも力を合わせたい。エミや秋元より使える戦力だもの……。

 けれど、協力の前に確認することがある。ねぇ、春日? キミは死に戻ってないよね?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る