八日目:近所迷惑だしそろそろ黙ろっか?

 そして、再びベッドに戻ってくると……。

 でも困ったことになった。秋元が突如凶行に及んだ原因はなに?

 私が襲われるのは百歩譲ってまぁ、理解できる。でも、エミはどうして殺された?


 悩んでいると、玄関が凄い勢いで叩かれる。激しい打撃音と一緒に聞こえてくるのは秋元の叫び声……。

 出てこい! お前が原因なんだろう!? 根暗女! って……あぁ、察したわ。

 コイツもループに気づいた側か。しかも、エミより私に近い状況らしい……。


 私たちを襲ったのも原因を排除すれば明日が来ると思ったからかな……。

 けど、これは好都合だ。情報収集する手間が省けた。


 ねぇ、秋元? お前を排除すれば私は明日を迎えられるのかな? 近所迷惑だしそろそろ黙ろっか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る