七日目:私の人生を破戒した悪女

 戻った。これで確定だ。エミの生死は無関係。加えて、私も死に戻っているわけではないらしい……。

 つまり、このループには別の引き金が存在する。けれど、思い当たる節がない。


 なので、今回は外で情報収集をしてみようと思う。もしかしたら死に場所が見つかるかもしれないし……。


 自宅マンションのエントランスへ向かうと最悪の人物に遭遇した。

 秋元レラ、私の人生を破戒した悪女。

 それだけでも不運なのに、彼女の足元にはなぜか血塗れのエミが倒れていて……。

 

 状況が飲み込めず呆然としていると、腹部に激痛が走る。気がつけば秋元の手にした包丁で刺されていた……。

 なるほど、エミを襲ったのもお前か……。あぁ、今までで一番最低な死に際だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る