エースはまだ自分の限界を知らない[第四部A 続・白い軌跡]

作者 彦猫

1,608

567人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

メインキャラ退場後の続編物語。
チートなメインキャラが大暴れして去っていった荒野で、負けず劣らず個性的で優秀な次世代たちが、伝統と言う種を必死に植えていくストーリー展開となります。

相変わらず鋭いキャラ立てやストーリー展開は、さすが彦猫さんと言わざるを得ません。しかしいかんせん、続編と言う十字架が重すぎて、新作キャラをどうしても矮小化した目で見てしまう。言うなれば、ガンダムシードディスティニーで、主役なのに脇役にしか見えなかったシン・アスカのように。

孔明没後の姜維は、野球の世界で蜀を覇権に導けるのだろうか。
いよいよクライマックスが近付いてるようで、行く末に目が離せません。

★★★ Excellent!!!

SS世代達が創り上げた新世代の高校野球育成論。
強豪私立のセレクションに引っ掛からなかったモノ達、自分の可能性をここに賭けるモノ達、あの時居なかった指導陣達がメゾットの成果を確認しながら夏の三連覇に導く。
圧倒的な力は無いが、可能性を信じて戦う選手達に最高の結果は降りてくるかな?………