ゾンビの恋人探し

月雲十夜

第1話 出逢いを求めて

 ――BC20000年。


 火の村ラトル。

 それは火の精霊サラマンダーのお膝元に位置する村である。


 石と土で作られた家々。

 そして、何よりも特徴的なのは、村のいたるところにある燭台だ。この村が火の村と呼ばれる理由の一つだろう。

 近くにはサラマンダーが住まうヴァシュー山岳があり、サラマンダーの力が働いているのか、年間を通してこの地は温かい。


 そんなラトルにて。

 

「ふわぁ――よく寝た。こう温かいと、うとうとしちゃうな……」


 宿から出てきたアルドがゆっくりと体を伸ばす。その姿は、どことなく猫のように見えなくもない。


(このままだと、またうたたねしちゃいそうだ)


 頬をパチパチと叩いてアルドは眠気を払う。


「……よし」


 アルドが精悍な顔つきを取り戻し、冒険に出ようとした時のことだった。


「はぁ……どうしたらいいのかしら」


 何事かと声の方を振り向くと、うつむく女性の姿。

 明らかに、何かに困っている様子だった。力になれることがあるかもしれない。アルドが女性の方へ寄っていく。


「なんか、難しそうな顔してるけど……。なにかあったのか?」


「え? えぇ……そうね。今、この村には大変なことが起こっているの」


 そういって、女性がうつむいていた顔を上げると。


(す、すごいクマだ……!)


 女性の目元には、紫のクマが浮かんでいた。


「その、大変なことってなんなんだ?」


「……『出る』のよ」


「『出る』? ……出るっていったい何が?」


 アルドが息を呑む。

 女性が、何かを思い出しぶるぶると体を震わせて。


「――ゾンビよ! 恐ろしい顔の!」


「ゾンビ……!? 出るって、まさか村の中にか!?」


 ゾンビ――。

 それは、生ける屍。何らかの方法によって蘇り、今もなおこの世をさまよう死者たちである。

 人を襲うこともある、危険な存在だ。

 ミグランス城の地下にいるというのは聞いたことはあるが、この辺りでは、ゾンビへの対策がされているのか、あまり見ることはない。


「えぇ……! あれは昨日の晩。夜中に一人で村を散歩してたら、そこから物音がして、そしたら――そこにいたのよ! あれは間違いなく人間じゃなかったわ!」


 女性が木の陰を指差す。

 たしかに、ちょうど周囲から死角になっているそこは、遠くからは気づきづらい。なにかが潜んでいたとしても、気づく人はそう多くないだろう。


「それで、大丈夫だったのか?」


「えぇ、急いで家に帰ったから事なきを得たけれど……。今度は会ったら、どうなっちゃうことか」


「なるほど。そんなんじゃ、夜はまともに出歩けないな」


「そうなのよ……! 怖くって怖くって、夜も眠れないわ! はぁ、本当に誰かどうにかしてくれないかしら……」


 そう言うなり、女性はどこかへとふらふらと行ってしまった。


「夜中に村に出るゾンビか……。夜まで待って、調べてみるか」


 このまま、被害が出続けるのを黙ってみていられるアルドではない。

 さっそく、他にもゾンビの情報がないか、聞き込みを始める。


 ラトルの穏やかな夜を取り戻すため。

 そして、寝不足の女性の健やかな眠りを取り戻すため。

 アルドは、そのゾンビをなんとかすることにしたのだった。




 ――それから、日が落ち。

 松明の明かりだけがぼんやりと道を照らしている。アルドは昼間、女性が教えてくれた場所にいた。


「たしか、この辺だったよな。ここにいれば、また来るかもしれないな……」


 アルドが見つからないように木の陰に隠れ、辺りを見回す。いざ何かあっても良いように、腰の剣に手を当てた。

 息を潜めて待つが、パチパチと松明が燃える音だけが聞こえる。ゾンビはおろか、人影さえもない。

 今日は来ないのか、と思っていた時、松明の音に混じってなにか引きずるような音が聞こえた。


 

 足音と足音の感覚は遠く、重たげな足取り。やがて、音はさらに近づき、遠くで何かの影が壁に浮き上がっているのが見えた。


(誰か来た……!)


 普通ではない気配に、陰から身を乗り出し覗くと……そこにはたしかに。


 ――ゾンビの姿があった。


 腐食し赤黒くなった体に、薄汚れた布切れが申し訳程度に巻かれている。眼窩の奥の鈍い眼光が、当たりを見回しているのが見えた。


(あのゾンビが、話にあったやつだな……!)


 今はまだ距離が遠い。このまま出てしまえば、逃げられてしまうかもしれない。

 こちらが捉えきれる距離まで、接近してもらうのを待つ。

 のそり、のそりと、音は近づいてくる。


「……オオオオッ!」


 ゾンビのかすれた声が耳に響く。


(よしっ……! 今だ!)


「村の人に手出しはさせないッ!」


 携えた剣を抜き、臨戦状態となったところで――。


「ぬおわーっ! ス、ストップ! ストップ! 降参、降参です!」


 突如、ゾンビが流暢に喋り始めた。


「うっ、うわっ!? ゾンビが喋った!?」


 アルドが思わず、一歩退く。


「は、話せばわかります! えぇ! ですから! なにとぞ!」


 必死に、腕をブンブンと振るい、敵意がないことをアピールするゾンビ。

 ゾンビが持っていた剣も、足元に置かれている。


「……わかった」


 とりあえず剣を収めるアルド。話が通じる相手なら、それに越したことはない。


「ふ、ふひぃ、あやうく退治されてしまう所でした」


 ゾンビが安堵のため息をついた。


「それで、悪いゾンビじゃないっていうけど……。ここで、いったい何をしてたんだ?」


「……実は、私はある人を探しているのです」


 神妙な声色で語るゾンビ。


「ある人……?」


「えぇ、私の生前の恋人です。この村にいるかと思って探していたのですが――」


「生前の恋人……」


「あ、もしかして、疑ってます? まぁ、仕方のないのことではあります。ゾンビが突然何を言うかというのもごもっとも!」


「いやまぁ、別にそういうワケじゃ――」


「ですが! 見ていただきたい! この私の透き通った目を! この目がウソを言ってるように見えますか! いいえ、見せませんよね!?」


 ずずいっとゾンビがアルドに近づく。

 ゾンビの顔が一気にドアップになり、思わず飛び退く。


「うっ、うわ! わ、わかったから急に近づかないでくれ……!」


 ほらほら、と言わんばかりに目をアピールするゾンビ。

 しかし、片目は失われ、もう片方の目も。


(……どうみても腐ってるようにみえる)


 なんとも調子が狂わされるものの。


(まぁ、悪いゾンビではない、のか……?)


 ゾンビが、改めて話を続きをする。


「生前、私は恋人と約束をかわしました。

ですが。私は恋人の約束を果たせなないまま――死んでしまったのです。それが、私にはずっと心残りで」


「ゾンビになった、ってことか」


「えぇ、おそらく。だから、私は今度こそ約束を果たしたい」


 ゾンビの眼が強く輝いた――ようにアルドは思えた。


「しかし、なにぶんゾンビなものですから。先ほどのように退治されかかるのも一度や二度ではなく。このままでは、また約束を果たせぬまま土へと帰りましょう。


こうして世をさまようのは奇跡か、呪いか――。私にはそんなことは関係ない。ただ、想い人に会い、約束を果たしたいだけなのです」


 そう話すゾンビの背中が――アルドには小さく見えた。

 叶えたい願いがあるのに届かない。そんなもどかしさと、悲しさを宿した小さな背中。


「なるほどな。その……何か俺に手伝えることはあるか?」


「……なんと。私のようなゾンビに、協力してくださるのですか?」


「あぁ」


 アルドは、小さく笑って答えた。


 困っている人の助けになりたい。勇気が出ない誰かの背中を押してあげたい。アルドは、そういう人間なのだ。

 それはたとえ――相手がゾンビであっても変わることはない。


「恋人を探してるっていうのは本当みたいだし。それに、あんた悪いゾンビじゃないんだろ?」


「お、おぉ……! 天は我に味方せり、ありがとうございます。この御恩は忘れませんぞ!」


 ゾンビがアルドに向かって頭を何度も下げる。


「大げさだな。俺は旅の剣士のアルド。あんたは?」


「私ですか? えぇ……っと。では、シーズとでもお呼びください」


「そうか、シーズ。よろしくな!」


「ありがとうございます。では、アルドさん、私の恋人を早速探しにでかけましょう!」


「ああ、行こう!」


 こうして、ひょんなことからアルドは、お調子者のゾンビ――シーズと恋人を探すことになるのだった。

 二人の奇妙なコンビが、ここに生まれる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る