2.楽士と旅した娘の話

「ほう。穢れなき上界人さまがおわす都にも、翡翠児はいたんかね」

 髭の男が問う間にも、口琴師は陰鬱な音を鳴らし続けている。

 若い男は困ったように笑い、革袋からひとくち酒を飲んだ。

「都はそんな清浄な場所じゃありませんよ・・・・・・ええ、翡翠色の子なら一度だけ見ました。あれが幻でないならね」


*  *  *


「ご存じかとは思いますが、ハルリ城内には上界人だけが住んでいるわけじゃない。いや、上界人かれらは専らハルリ宮にいて、姿すら見たことがないんです。でも、作物や織物は良い値で買ってくれますからね。それで人が集まってくる。商人以外にも、芸を見せる者、学者、役人、仕事を探す流れ者。いろんな土地からひっきりなしに人が出入りする。自然と市も立つし、宿屋だの怪しい見世物も・・・・・・」

「ほう?」

 ウヘン、と咳払いして若い男は続けた。


「私が出会ったのは、まだ幼いといえる舞い手でした。通常の市とは少し離れた場所に人だかりができていたもので、何事かと見てみると、数頭のリャイパの側で、緑色の髪をした少女が舞っていたんです。伴のかなでは、双頭の弦を弾く少年だけでした」

「双頭弦だァ?」

 口琴師が手を止め、素っ頓狂な声をあげた。

「そいつぁ赤毛の男じゃなかったか」

「知ってるのか、口琴師」

「知ってるもなにも、おおいに因縁ありでさ。いやしかし少年といったか? ザブルクって大男じゃねえかい?」

「いえ、まだ年端もいかない少年でしたよ。髪は黒かった。赤毛の楽士というなら・・・・・・いやそれはまた別の話だ。とにかくその子たちが」

 若い男は頭を振り、思い出すように目を閉じた。


「なぜ、子どもだけでそんな場所にいたのかはわかりません。舞い手の少女はまだ髪も上げていなかった。裸足の足首に鈴をつけ、弦の音に合わせて何度も旋回していた。あまりに激しい旋回の果てに目を回したのか、少女は道に倒れ込みました。私は思わず駆け寄ったんですが、リャイパたちに囲まれてしまって。おとなしいと聞いている一本ツノの雌ばかりだったのに、まるで少女を警護するように、威嚇さえしてきたんです。リャイパの向こうで顔を上げた少女のあの目! 忘れようにも忘れない、翡翠が燃えているような色でしたよ。見ると、膚の色も・・・・・・これが話に聞く翡翠児かと驚いているところに、誰かの声がかかって。少年が少女を連れ、あっという間に人混みに紛れてしまったんです」

 一気に話して、若い男はふうと息を吐いた。

「で、その子たちは」

「わかりません。見かけたのはそれきりですし、誰に聞いてもどこの子だったのか、わからずじまいでした。」


「双頭弦弾きの少年、なあ」

 まだ納得いかない様子で、口琴師は自分の楽器を手の中で転がした。

「そうそう、さっき言いかけた赤毛の楽士ですが」

 若い男は焚き火に手をあぶり、話続けた。

「噂は聞きましたよ。遠く離れた城から城へ謎の技を使って旅をし、通行税を取り立てる役人すらだしぬく楽士団だそうですね。頭領は赤毛の大男だとか」

「ほうれ、やっぱり」

 口琴師は膝を打ち、身を乗り出した。

「向かい合うムマの形をした、大きな双頭の弦を弾くやつだ。違うか? あんなめんどくさい弦を弾きこなせる奴なんざそうそういねえや。少年が弾いてたってのは似たような別の楽器だろ? な?」

「うるさいぞ、口琴の」

 髭の男はたしなめて、若い男に向き直った。

「その楽士団と翡翠児は、なんか関係あるんかね」

「はっきりとはわかりません。ただ聞いた話ですと、楽士団に一時、二人の子どもが加わっていたそうです。リャイパ使いの兄弟と名乗り、じっさいリャイパは弟のほうによく懐いたと。その子は翡翠色の眼をして、緑がかった膚色で、肉も乾乳すら口にしなかったそうですが」

「翡翠児か?」

「さあ。ただ、その子らがいた間、砂嵐にも遭わず旅は幸運に恵まれたと。頭領は兄のほうを気に入り、双頭弦の弾き方を教えたそうです。ハルリ城に着いてから、弟のほうはじつは女の子だとわかり、翌日二人はどこへともなく姿を消したと・・・・・・」


「そりゃまた奇妙な話だ」

「で、その子どもってのが、あんたの見た二人だってかい」

「いや、そこまでは。なにせ大きな都だし、いろんな楽士や踊り子が来るんです。中には髪を色粉で染める者もいる。あの少年が弾いていた楽器だって、双頭だったというだけでムマの頭の形をしていたかどうか、覚えていないんです」

「ほう。ふんむ」

 

 口琴師が、また陰鬱な音を奏で始めた。


「すみません、どうも私は話が下手で。さ、貴方の番ですよ、口琴の人」

 革袋を渡されて、口琴師がにやぁと口を曲げた。




















「とにかくその一座の中に、子どもが二人いましてね。一人は十三、四くらい、もう一人は痩せて小さかったから最初は兄弟かと思っていたのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

テネベグを往く旅人たち いときね そろ(旧:まつか松果) @shou-ca2

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ