第21話 宿命の対決・紅子VSイルカ⑩

「今日も引き続き、犯人探しの尋問を続けるわよ」


 朝食後、全員をリビングに集めた紅子は改めて宣言した。


「紅子様……もう程々になさったほうが……」


 さつきがさすがに諌めにかかる。


 だが、紅子はにべもなく跳ね除けた。


「だったら、犯人はこの場で自首しなさい。そうすれば捜査はすぐに終わるわ」


「………………」


 もちろんイルカは自首しない。すなわち誰も口を開かない。


 押し黙ったままの使用人たちを、紅子は睨みつけた。


「やはり、どうあってもシラを切り通すつもりのようね。このわたしに、そんな態度は通用しないと思い知らせて……」


「お嬢様」


 イルカが手を上げた。


「なによイルカ」


「お嬢様に進言したい事があります。あ、進言というのはアドバイスのことですけど」


「……言ってみなさいよ」


「この事件の犯人がわかったのです」


 ざわめきが広がった。


「ふうん……それは、誰?」


 紅子は胡散臭そうに尋ねる。


「その名前を申し上げる前に、お嬢様が……いえ、この場にいる全員が見落としている、ある事について説明させていただきます」


「は? 見落としている?」


「なんのことです?」


「それは、この事件の犯人についての『ある前提』が極めて不自然だ、ということです」


「前提が不自然……? どういうことよ?」


「いいですか、荒らしのIPアドレスがこの屋敷の回線のものだったということは、荒らしはこの屋敷の関係者――つまり紅子お嬢様の知人、これは確定ですよね」


「当たり前でしょ」


「『お嬢様の知人の誰かが荒らしたブログが偶然お嬢様のものだった』、それがこの事件の発端――というか、全てですが。これは本当に・・・・・・偶然なのでしょうか・・・・・・・・・?」


「えっ……」


「断言しましょう。そんな偶然はありえない、と。ネットは広い。それこそ海より宇宙よりも広いのです。犯人がたまたま荒らしたブログがたまたま知人のものであった、などという天文学的偶然の一致など、ありえないのですよ」


 イルカは、大嘘を自信満々に言い放った。


 もちろん、本当は偶然である。イルカが『“宿命の対決”応援ブログ』が紅子のものであると知った時、なんて不運な偶然だ、どんな確率だ、と嘆いたものだった。


(しかーし! むしろ、その不運な偶然を逆手に取ることで、こうやって偽りのロジックをでっちあげる事が出来るんですよ!)


 イルカは、第一手の効果を計るべく、周りの様子をうかがった。


「たしかに……言われてみれば……」


「偶然にしても、確率が低すぎるよな……」


 菜々香とはじめが、顔を見合わせる。


「ちょっと待ちなさい。ではイルカ、あなたはこう言うのですか。犯人は、ブログがお嬢様のものだとわかっていて荒らした、と」


 さつきが言った。


「か……確信犯だったってことですか?」


 みい子は確信犯の意味を誤解しているが、今はそんな事どうでもいい。


「確かに……そう、かもね……」


 肝心の紅子も同意した。


 重蔵だけが、苦い顔でイルカを見ていた。


(黒須さん、そんな睨まないでくださいよ。はいはい、わかってます。『犯人が過失ではなく故意でやったなどと言えば、紅子様の怒りはもっと酷くなるじゃないか』そう言いたいんですよね。ご安心ください、これからが本番ですから)


 イルカは、満を持して再び口を開いた。


「ご理解いただけましたか。犯人は、お嬢様のブログと知っていて、わざと荒らしたということを」


「ええ。多分、あんたの言うとおりだわイルカ」


「ならば、これこそが手がかりですよ」


「は? なんで?」


「だってそうでしょう。犯人は『お嬢様がブログをやっていることを知っていた人間』なんですよ」


「!」


 紅子も、他の五人も衝撃を受ける。


「……そ、そうよね。犯人は、わたしのブログのことを知ったからこそ、やって来たんだから……でも……」


 それだけ言って、紅子は考え込んでしまった。


「たしか、紅子様のブログが初めて荒らされたのは、月曜日の夜だと仰ってましたね。それ以前に、ブログについて知っていたのは誰なのですか」


 さつきが尋ねた。


「……いないわ」


「え?」


「あのブログのことは、誰にも秘密にしてた……誰も知るはずがないのよ!」


 紅子が重苦しい声で言った。


「誰も知らなかったって……」


「じゃあ……犯人は誰……?」


 イルカ以外の全員が、不可解な謎に困惑する。


(ブログの事は誰にも言ってなかったのですか。まあ想定どおりですね)


 イルカにとって、ここまでは理想通りに進んでいる。


 だが難しいのはここからだ。このまま、ブログの事は誰も知りえなかった、ということになれば、また疑いがこっちに戻ってくるかもしれない。


 それを防ぐためには、罪を着せるニセ犯人が必要なのだ。


(お嬢様がブログを始めたと聞いた時、違和感があったんですよね。ただの日記ならともかく、漫画の布教をブログでやるなんて発想は、お嬢様からは出てこない。そこに至るまでに、誰かから助言を受けているはずなんですよ)


 それは誰か。イルカでないなら残るは一人しかいない。


「お嬢様。そもそも、なぜブログをやろうと思ったんですか?」


「はあ? なぜって、そりゃあ“宿命の対決”っていう神漫画を世に布教するためよ」


「『布教』なんて言葉、よく知ってましたね」


「そよぎに聞いたのよ」


「そよぎ様に……! やはりそうでしたか」


「は?」


「ということは、そよぎ様だけはお嬢様のブログのことを、知っていたのではありませんか」


「はあ? そんなわけないわよ、そよぎにだってブログ始めたことは言ってないし、もちろんタイトルとかURLも教えてないもん」


「ではお聞きしますが。具体的に、そよぎ様とどのような話をされたんですか?」


「どんなって……えっと。“宿命の対決”の続きが描かれなかったこととか、人気が出れば再開するかもしれないって、で、ブログやSNSで布教活動してるファンがいるって聞いて……布教するなら匿名でやれって……そんな話よ」


「そこまで話せば十分ですよ。その会話と時期同じくして、“宿命の対決”の応援ブログがネット上に現れた。しかもブログ主のプロフィールは、東京在住の十七歳『青子』さん……『青子』て……プッ……いや失礼。……とにかく、これだけで十分特定可能ですよ。お嬢様のブログだってことは」


「……いや、いや。あんた、まさか……そよぎが犯人だって言ってんの!?」


「残念ながら、そうとしか思えないのですよ……」


 イルカは、心底残念そうな表情で大嘘をついた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る