蒼血の迷宮狂い

竜胆マサタカ

1






 漫然と生きるだけの人生に、一体、何の意味があるんだよ。






 世界に『ダンジョン』が現れたのは、西暦二〇二六年のこと。


 山、森、谷、海、空、町。如何を問わず、あらゆる場所に突如聳えた、九百九十九の迷宮。

 その存在は遍く国家に震撼を奔らせ、常識と理を引っ繰り返した。


 今じゃ『事象革命』だのと大仰な呼ばれ方で教科書にも載ってる日から、およそ四十年。

 黎明期の紆余曲折を経た末、地球文明はダンジョンにより齎される多くの恩恵を啜り、栄華の時代を謳歌していた。






 いつからだ。見るもの聴こえるもの感じるもの全てが、無性に苛立つようになったのは。


 ガキの頃から、ずっと探索者シーカーに憧れてた。

 別段、珍しい話じゃない。凶暴な怪物と戦い、複雑怪奇なダンジョンを攻略する。多くの子供が目を輝かせる職業だ。


 けれど。俺には無理だと思い知らされた。

 二千人に一人の先天的才能。探索者シーカーとなるための大前提である『スロット』を持って生まれられなかった。

 望む道に進めるか否かは、母親の腹の中に居た時点で既に決まっていた。


 よくある話だ。まあまあの奴等が人生で最初に味わう挫折だ。

 そして俺も、そんな、その他大勢の一人に過ぎなかった。


 あと数年もすれば、喉から手が出るほど望んだ剣と鎧ではなく、着たくもない背広を着込んで社会に出なければならない。

 ひとつだけ逆転を図る方法はあれど、それには多額の金が要る。

 二十歳そこそこの単なる学生風情には、逆立ちしたって用意出来ない額だ。


 ……故に。今日というへと、心の底より感謝を捧ぐ。


 平日の昼に訪ねた銀行、受付で見せた紙切れ、通された奥の一室。

 内心、震えを抑えることで精一杯な俺の胸中を知ってか知らずか、縁無し眼鏡を掛けた銀行員が深々と頭を下げ、こう言った。


「此度は一億円の当選、大変おめでとう御座います」


 ああ。吐き気を催すほど退屈な日々に、消化試合と化していた生に終止符を。

 随分と遅蒔きになってしまったけれど。ここからが俺の――藤堂とうどう月彦つきひこの人生の始まりだ。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る