コミュ障ぼっちなわたしがVTuber事務所にスカウトされたので、イマジナリーフレンドと一緒に最高のVTuberになるお話。

作者 冬寂

181

69人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても読みやすくテンポの良い作品だと思いました。オススメです。

最初は、主役の頼りなさすぎるところや、少し変わった語り視点に疑問を持ちましたが全く問題なし。てか、それが良い!

イマジナリーフレンドやその他の人たちが陽向を守って、助けて、助けられる姿に感動して泣けました。

ホント、良作。

★★★ Excellent!!!

お疲れさまです。よほど面白いと思った作品でない限りレビューを書かない主義なので、こうして書いてるという事はそういう事です。

流行りのVtuberものと知って最初はよくある女の子同士のキャッキャウフフものかなぁ…と思ってましたが、いやはや人間ドラマがしっかりしてて読み応えありました。人間の汚い部分が大好きな自分にはかっちりハマりましたね(笑)
文体も各キャラの視点に加え少し三人称視点も入っていたりと、不思議な作りですね。ちなみに忍と姫乃のコンビが好きです。いいですよね、表面上はケンカ腰でも内心ではお互いを認め合ってる感じ。

確かに現実で起これば炎上どころじゃない話の連続ですが、そこはまぁフィクションって事ですかねw
第一部の終了であってまだ続くそうですが、物語的には一段落ついただけにこれからどうストーリーを展開していくのか楽しみです。