久遠なぎさはなびかない

作者 扇 多門丸