闇堕ち(仮)令嬢に人生を買われ飼われた俺物語

作者

160

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 奴隷の少年ニアは、とある侯爵令嬢に買われた瞬間、前世の記憶を思い出し、この世界がファンタジー小説の世界で、彼女が闇の精霊に取り憑かれて討たれる運命の悪役令嬢クリスティーナだと気がつく。ニアは従者として彼女に起こる悲劇を回避するべく陰ながら動き始める。

 自分を奴隷から救い上げたクリスティーナへの恩返しを誓うニアくんの素直さが微笑ましく、「呪いの子」として家族からも疎まれる自分にストレートに敬愛をぶつけてくるニアにときめくクリスティーナの乙女心が初々しくてたまりません。

 ニアよりも前にクリスティーナに仕える無表情ブリザード美少年のクリアと、ボクっ娘の使い魔のシャルを先輩に従者としての教育を始め、お嬢様のそばにいるために学院島への進学を目指して魔法を学び、無気力だった奴隷の頃から比べると意欲と行動に満ちあふれて見違える変化が好ましいです。

 なにかも見習い未満のニアですが、これからの成長を見守りたい。


(「お嬢様と僕」4選/文=愛咲 優詩)