【第2回】みんなで応援して盛り上がろう

みんなで応援して盛り上がろう

 カクヨムの機能や楽しみ方をご紹介するカクヨム読書講座第2回です。

 小説ビューワーの設定、もう試してみましたか? まだの方は今回のお話を読む前に試してみてくださいね。

  第2回はお気に入りの小説をみんなで応援して盛り上がる楽しみ方についてお伝えします。


 Web小説は、ただ作者が書き読者が読むだけのものではなく、読者と作者が一緒に盛り上げていくものです。レビューや応援は読者のみなさんと作者をつなぐ重要な機能だとカクヨムは考えています。


レビュー、応援、応援コメントは、読者と作者をつなぐ重要な機能


【想いは応援ボタン】

 「更新楽しみだな〜」「主人公かっこいい!」「ちょっと泣けるかも」、小説を読んでいてそんな想いを感じたら「応援する」ボタンをタップしましょう。


応援は「更新楽しみ」「泣ける」「読んだよ」の想いを届ける


 各エピソードの下部に応援ボタンがあります。


 投稿したばかりの最新話をしっかりと読んで応援してくれる人がいることや、自分が書いた小説を応援しながら一気読みしてくれる人がいることは、作家にとって小説を書く励みになり、応援してくれる人のために書き続けようと思えるものです。「読んだよ!」というメッセージにも、ぜひ応援をご利用ください。


【さらに伝えたい想いは応援コメント】

 応援ボタンでは伝えきれない想いや感想は、応援コメントを活用しましょう。


応援ボタンでは伝えきれない想いや感想は応援コメントを活用しよう


 「キャラクターが好きすぎる」、「面白くて一気読みしてしまった」、「まさかのストーリー展開にびっくりした」、そんなあなたの想いはコメントで残しましょう。作者からコメントに返事が来たり、もしかしたらあなたの一言で物語の今後のストーリーが変わっていくかもしれません。


 よかったらこの講座でこのまま応援とコメントをつけてみてくださいね!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る