【短編】シニガタリ

作者 夜葉@佳作受賞

すべてのエピソードへの応援コメント

  • シニガタリへのコメント

    夜葉@佳作受賞さま、はじめまして。「どんでん返しの里」へのご寄稿、ありがとうございました。
    最初からしばらくは、若者の自殺をめぐるストーリーに抵抗があったのですが、途中で突然ミステリー展開になり驚きました。まさにどんでん返しです。自殺云々ではないエンターテインメントだったことで、かえって楽しませて頂くことができました。
    ただ、どんでん返しはとても良かったのですが、同じ屋上で何人もの生徒が次々に命を失うという設定に現実味がなくて少し気になりました。生徒がひとり死んだだけでも、実際には大問題になりますし、二人も続けて死んだら管理責任のずさんさを烈しく問われるでしょう。

    作者からの返信

    お読み下さりありがとうございます。
    楽しんで頂けたようで何よりです。
    指摘された部分は確かにその通りですね。屋上=死というホラーチックな演出と集団心理の意表を突き、どんでん返しを強めるためあえて同じ場所にしていますが、現実的に考えるなら場所は散らした方が計画性があるでしょう。

    2021年7月24日 19:03

  • シニガタリへのコメント

    ありがとうございます、ふたりが屋上にいたのは偶然ではなかったということですね。そう思うと、踊らされている主人公はちょっと悔しいでしょうね。

  • シニガタリへのコメント

    物語の組み立てから途中までシンプルに話が進んでいたと思うと一気に雰囲気が変わって行くのにぞあぞあしました。主人公の彼女に対する思いもそうなのですがヒロインの友達のヒロインなら対しての感情はありそうでなさそうな絶妙なラインを攻めておりこの短い間にグッと引き込まれました!
    これからも応援しております!

  • シニガタリへのコメント

    途方もない絶望。
    全く救いのない展開。

    それなのに、出番もほとんどないはずのあかりの言葉が、微かに、儚い希望を残してくれる。


    その儚い希望が、本編と相まってとても美しく見えました。
    素晴らしい小説をありがとうございます。

  • シニガタリへのコメント

    Twitterの方から企画に参加していただいたため、読ませていただきました。
    文章はスムーズに進んでいくため、非常に読みやすくなっており重苦しい雰囲気ながらも読みにくさを感じさせないのは見事だなと感じさせられました。

    少し気になったことといえば、
    文章やストーリーの構造があまりにも単純になってしまっていることでしょうか。
    例えば、
    ここ最近、自殺者が急増していることに対して主人公が集団心理ではないか?と思っていますが読者にもそう思い込ませるためにそれの発端となった主人公の見解や、集団心理についての何らかのエピソード(Wikipediaなどで探せば集団心理による大量自殺の一例などはすぐにヒットすると思います)を挿入することでよりリアリティと真拍性を持って読者にそうだと信じ込ませることができる気がします。
    そうすれば、終盤のどんでん返しに驚いてくれる読者も多くなるのではないでしょうか?

  • シニガタリへのコメント

    企画にご参加ありがとうございます。
    次々に死んでいく、不可解さに引き込まれました。
    あかりの親友に同情しかけて、その心の歪さを知ってゾクリとしてしまいました。
    最後はむなしさと、私も彼女の言葉を信じたい気持ちを抱きました(・v・)

  • シニガタリへのコメント

     この度は自主企画『どんでん返る短編あつめ。』に参加していただきありがとうございます。

     人が人を大切に思う心が、度を越すとそれが凶器に変貌してしまう、非常に恐ろしかったです。
     「生きていれば良いことがある」という彼女の言葉が繋ぎ止めた命を、主人公達がどのように全うするのか、彼らの将来を思わずにはいられなくなりました。

  • シニガタリへのコメント

    色々と考えさせられる物語ですね。展開が予想外でした。

  • シニガタリへのコメント

    まさしく、ぐた。

  • シニガタリへのコメント

    この度は企画にご応募いただきありがとうございます。
    思いが強すぎた故に……。方法は間違っていたけど、冬月さんはあかりちゃんに恩返しがしたかったのですね、きっと。

  • シニガタリへのコメント

    拝読いたしました。
    冬月さんの狂気のような歪な愛情……せなかがぞくりとしました。

  • シニガタリへのコメント

    タイトルから心霊的なものを想像していましたが、全然違う展開になるとは思ってもいませんでした。
    とても面白かったです。

  • シニガタリへのコメント

    強すぎる望み故に歪んでしまう。哀しくて恐ろしい物語でした。冬月さんのような人は、割と現実にいるような気がします。

  • シニガタリへのコメント

    辛い物語ですね。
    でもとても登場人物達の心理が良く伝わって来ました。
    冬月さんの異常に見えてでも一歩間違えれば誰でもこうなるかもしれないという危うさに惹き込まれました。

  • シニガタリへのコメント

    幸せになる権利まで奪う…凄く印象的な言葉でした。

  • シニガタリへのコメント

    Twitterから参りました。てっきり、心霊ホラー的な展開かなと思っていたのでしたが全然違う……というか、こちらの方がよりひやっとする落ちになっていましたね。結局、一番怖いのは人の心の中にじわっと巣くっている、なにも見えなくなるほどの「欲」なのかもしれません。表面だけでは分からない、ひとの陰部の深さを知った思いです。
    ただ、この物語に関しては過去のやり取りが清涼剤になっていて、そこまで重い感じにならなかったのは良かったです。青春ものとしても読める明るい終わりで、怖がりの私としては正直ほっとしました。これから「彼」と「彼女」がどうなるのかと、想像してみるのも楽しいですね。
    これからも頑張ってください。

    作者からの返信

    お読み下さりありがとうございました。
    仰る通りホラー風に見せて一番怖いのは人間、といったメッセージ性を込めております。
    読み手によって感じ方も終わり方も変わる書き方をしております。
    ほっとして頂けたなら何よりです。
    応援のお言葉嬉しい限りです。
    改めてありがとうございました。

    2021年1月12日 19:20

  • シニガタリへのコメント

    自主企画「短編小説募集」への参加、ありがとうございます。
    おもしろかったです。
    何かをしようとしすぎて、望んでいたこととまるで違う結果になる、なんてことはよくありますが、こんなに壮大で、残酷な話は聞いたことがありません。
    改めて周囲の物事をよく考え直させられた作品でした。

    今後も是非、素晴らしい作品をお創りください!!

    作者からの返信

    お読み下さりありがとうございます。
    強過ぎる望みがどこかで狂ってしまって、だんだんと歪んでいく様子を上手く描けたのかなと思います。
    何かを考えるきっかけになれたなら作者冥利に尽きます。
    改めて応援のお言葉感謝です。興味がありましたら他の作品もお読み頂ければ幸いです。

    2020年12月26日 08:59

  • シニガタリへのコメント

    『小説読みます!ミステリー編』に参加してくださり、ありがとうごさいます。

    いやー、恐ろしかった。これからの執筆も頑張ってください!

    作者からの返信

    お読み頂きありがとうございます。

    お楽しみ頂けたようで何よりです。応援のお言葉、励みになります。
    ありがとうございました。

    2020年11月21日 16:38