最弱勇者の英雄譚

ハルレッド

千年の旅路

 進む。

 真っすぐと、ただ真っすぐと、闇の中を進んでいく。

 前へ、前へ、前へ。


 この旅が始まってから一体どれくらい経っただろうか。

 十年? 百年? 千年?

 ……分からない。

 もう、とうの昔に時間の感覚なんてなくなっていた。

 自分の歩みが始まってからどれくらい経ったかなんて分からないのだ。


 この旅はあとどれほど続くのだろうか?

 もう終わりはすぐそこか?

 それともまだ半分程度か?

 もしくはようやく一割程度進めたくらいか?

 ……分からない。

 最初からこの旅がどれほどの年月を有するかなんて知らなかったのだから。


 だが、そんなことは関係なかった。

 ここまでにどれほどの時間を費やしたかなど関係ない。

 あとどれくらいで終わりがやって来るのかなんてどうでもいい。

 例えここまでに千年費やしていようと、例えここがまだ旅の始まりの始まりでも。

 歩みを止める理由などにはならないのだから。


 進む。

 真っすぐと、ただ真っすぐと、闇の中を進んでいく。

 前へ、前へ、前へ。



 あの日に交わした約束を果たすために。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る