アナザーエデン二次創作小説/Plastic Companions さまよえる人形たち

丞まどか

第1話 エルジオン・シータ区画

 


 空は、かげりのない晴天である。


 とはいえ、光学迷彩を施したドーム状の防御壁にその全体を包まれたこの都市国家では、天候という言葉は、感傷的な思惟の対象以上の意味をなさない。


 雲をはるかに凌駕する、大空の高み。そこに吹く風に身を任せながら、感じとれないほど穏やかな速さで旋回を続ける、空に浮く大陸。そこに、人類史最後の都市——曙光都市・エルジオンはあった。


 ドームの頂点から街を見降ろせば、円錐状に展開する都市の中心部に、連綿と東西に走る網状の青い道路が姿を現す。


 磁場発生装置を利用したリニア・ロード。

 そこには、輸送物資を載せて無機質な往復を繰り返すコンテナ・カーが、人々を乗せたシャトルが、そして点状にひしめくく、通勤客やスクールに向かう子供達が、エルジオンの今日というパノラマを創っている。


 物質としてのステルス・ガラスと、電子のファイア・ウォール——二重の防護壁を透かし、陽光を受けて白く輝く、最も面積の広いプレートの一つ。そのプレートは、シータ区画と呼ばれるエリア——上級市民と定義される市民の居住区だった。

 そしてそこには、その静穏な風景の中を散策する、一人の青年の姿があった。



 奇妙な、青年だった。

 なんら変哲のない、均整のとれた身体をした、健康そうな青年。少年時代をようやく終えて、成人の入り口に立ったばかりの時分であろうか。

 その豊かな黒髪と黄味の混じった肌も、その大半がミグレイナ系白色人種である——ミグランス民族をルーツとするこの街では、やや人目を引くものの、この国家に異人種婚が根づいて久しいことを考えれば、異国趣味的エキゾティックな関心を喚き立てる要素でこそあれ、奇異の視線を浴びるものではない。


 だが、それだけではなかった。

 青年の纏う、衣服と甲冑。それは、中世ミグランス王朝の様式——今から800年前の風俗を、忠実に模したものの

 いや、それは、単純なレプリカだろうか。

 その甲冑のあまりの精巧さに、青年は一見、最近エルジオンの若者の間で流行している遊戯——コスチューム・プレイに、軽薄に興じているようにさえ見える。

 だが道を歩く青年の、時にぎこちない身のこなしからは、その身につけた武具が、金属そのものの重みを有していることが分かる。それだけでなく——その甲冑は、跳ね返った泥と無数の瑕疵、そして見紛うこともない、無数の返り血の跡で汚れていた。


 しかし。

 何よりも目を引くのは、彼の佩く剣だ。

 青年は、二振りの剣を提げていた。一丁は、両手剣——それ自体も、今日では骨董品の類であるはずだが——かつてミグランス王国が存在したというバルオキー地方の民芸品である、ココネリカの細工をあしらった鞘に納められた剣。そしてもう二丁は、その背中に背負った、巨大な鞘である。

 いや、それは、果たして

 およそ人間には、とても使いこなすことの不可能と思われるような、剣の異形とでも言うべき、巨大な大剣。もしも巨人族タイタンと呼ばれるような神世の生物が存在するとすれば、彼らの巨躯きょくにとっては、それは相応しい大きさの剣なのか——あるいはそれは、懐刀やナイフの類にすぎないのだろうか。

 その鞘の中にどんな得物が納められているのかは、見当もつかない。だがその剣から噴き出す禍々しい瘴気しょうきは、青年の華奢にすら見える四肢に憑き纏っていた。


 その剣——災厄の剣オーガベインを佩く青年・アルドは、自分に向かってやってくる静かな気配に、その人なつこそうな、蒼い空の色を映した瞳を見開いた。



「ん……?」


 跳ねた自然体の髪を、風にくすぐられ、アルドが首をかしげる。


(風だ……)


 この都市にはおよそ似つかわしくない、軟らかな自然の気配。アルドは思わず、風の来た方角に視線を向けた。


(エルジオンで風が吹くなんて、珍しいな……。『エアコン』って機械が故障したりしてるのかな?)


 エルジオンのドーム内の気候は、空調システムによって管理されている。そのシステムは人工物でありながら、地上生活に適応したヒトのバイオリズムを保護するために、不規則な風や夏の暑さ、冬の寒さなど、自然に近い気象を擬似的に再現し、天上の生態系を保っている。


 だが、それは自然ではないために——あるいは皮肉なことに、まさに自然と同じように——時折アルゴリズムに不調をきたし、想定外の挙動を取ることもあるのだと、アルドはすでに知悉していた。


 アルドがこの天空の都市を訪れてから、少なくない時間が経過していた。

 この場所で経験した様々な危機や、人助けや、この街に暮らす仲間たちからの導きによって、旅人のアルドもこの都市のことを知りつつあった。

 しかし、今日——穏やかな一日に、散策にふけりながら、どこか、アルドは違和感を拭えなかった。


 その時。


(——ん?)

 アルドの目は、小さな影を捉えていた。


 アルドの歩くリニア・ロードの先に、ぽつんと立ち尽くす、影。

 人影と呼ぶには、いびつすぎる立ち姿。たしかには、人間と同じ身体のパーツを備えていた。頭蓋骨のような球体の頭部を持ち、胴体と手足を持っている。

 だがを人間と呼ぶには、その頭部は、あまりに胴体に対して肥大しすぎていた。子供の体よりも小さな体に、細すぎる脚。そして——剥がれかけた白いドーランの上に、醜いほどに大きく引かれた赤い口。

 シータ区画の街並みを、その地点から変質させていくかのように——そのは、まるで見えない糸で空から吊り下げられているかのように、空中に浮かんでいた。


 それは——

 道化師の姿をした、機械人形ロボットだった。


(あれ? あいつ……)

 その異様さに目を奪われながら、アルドは記憶を辿りはじめていた。

(トト・ドリームランドで見た、人形だよな……)


 アルドの脳裏に、の姿が蘇る。

 突如出現したオーガ族の砦を過去に送り返すために、エイミの幼馴染の足跡を追って訪れた、閉鎖された廃遊園地。

 オーガ族に勝利し、平穏を取り戻すことができた今となっては、その不気味で忌まわしい姿は、意識の俎上にのぼることすら久しくなかったが——息を飲みながら、アルドは目の前の人形をじっと睨みつける。


 その、人形は——

 アルドの姿を認め——にたりと、


「けけ……」


 ——そして。

 ケタタタタタッ!!

 人形は、弾かれたように動き出した。

「——!!!」

 まるで自分の動きに対するアルドの怯みを、計算に入れていたかのように、宙を舞い上がり、地面に体を擦り付けながら、アルドを大きく引き離し、ビルの角を曲がる。


「あっ、待て……!」

 アルドがそう言葉を発する前に、人形は姿を消していた。


(このままにしておいたら——まずいよな)

 そう、アルドは息を飲む。

 廃遊園地を徘徊するロボット人形。万が一、市民に危害を加えることがなかったとしても、混乱は必至だ。


 アルドは発起し、道を駆け出して行った。



 白昼のシータ区画に、多くの人手はない。

 居住用の高層コンパートメントが中心となるこのエリアには、朝夕の通勤時間を除いては、行き交う人々の姿はわずかである。

 それでも、アルドの先を飛行する道化師人形シャトー・クラウンは、行く手を遮る市民たちに衝突し、道路に轢き倒しかねないほどの速さで、一心不乱に区画を突き抜けていく。

「ひええっ……!」

 自分の少し前で、突進してくる人形におののく通行人の姿を目印にしながら、アルドは夢中で腕と脚を振り上げ、リニア・ロードを駆ける。

「待てっ……!」

 飛ぶ人形、それを追って全速力で走る、甲冑に身を包んだアルド。すれ違う人々は目を皿のようにしてそれを見つめ、興奮気味に罵声と歓声を口走る。

 なんだっ、あの爆走コスプレ野郎はっ!?

 お兄ちゃん、あっちに行ったよう!

 ——だが。

 ついに、筋肉の疲労からくる足のもつれを察知し、アルドは肩で息をしながら、その場に立ち止まった。

(あいつ——どこへ行ったんだ?)

 そう、アルドが辺りを見回すと——


「きゃあああっ…………!」

 路上に、悲鳴が響き渡った。


 とっさに、アルドは前方に顔を向ける。

 路上に転がる、小さな靴がひとつ——そのすぐ先に、足を捻って路上に転倒したと思わしき、女児の姿があった。

 そして、その女児の前には——大柄な人間の男性ほどの大きさをした影が、まるで両手を広げるような姿勢で、立ち尽くしているように見えた。


 だが。

 女児の前に立ち塞がっていたのは——、人間ではなかった。

 しかもそれは、アルドが追っていた、あの道化師の人形でもない。その数倍も大きな質量の躯体を持つが、アルドと女児の間に立ち塞がっていた。


(あいつは——……!)

 アルドは、目を見開いた。

 ずんぐりとした、ユーモラスな体型。

 それはかつて、子どもたちを陽気に迎える、遊園地の気の良いおともだちコンパニオンを演出するために施されたのだろうが——文脈と表面のつやつやとした加工が剥離したいま、その姿は、まるで病的な肥満児のように見えた。

 カンガルーかウサギを思わせるような、オレンジ色の巨体。かつては無辜の笑みを浮かべていたはずの、裂けた口元。緑青ろくしょうにその縁を侵食されつつある、黒々とした巨大な瞳。

 それは——

 遊園地のマスコット・キャラクターを模した、着ぐるみのロボット——だった。


 突き倒され、路上に転がされた女児は、自分が今置かれている状況を、なにひとつ理解できていないようだった。

 不自然に内側に曲がった脚をなすすべなく地面に投げ出したまま、捲れ上がったスカートの中の恥部を隠すこともできないままに、痛みと恐怖で真っ白に色を失った顔で、目の前のトト人形を見上げる。

 その女児が向ける視線を、トト人形は、あたかも認識しているかのようだった。

 人形はまるで、無邪気に、相対した女児の表情を探るかのように——まるできみのいうことを、もっとよく聞きたいよ、とでも言うかのように——首を伸ばし、女児の顔を覗き込む。だがそれは、だった。

 ばいぃんっ!

 人形の上体が、下半身に大きくめり込む。

 ウサギの後脚を模した脚に仕込まれた、超合金のバネに、ピストンが押し下げられ、強大な負荷がかかる。

 それが跳躍の予備動作であることを、アルドは理解していた。


(——圧し潰される……!!)


 アルドは地面を蹴り、助走をつける。

「あぶな…………!!」

 女児と機械人形の間に、自分の身を滑り込ませるように狙いをつけながら、アルドが腰の剣に手をかける。


 だが、アルドが身を乗り出すよりも早く、人影が飛び出した。

 まるで窮地に追い込まれた鼠のような速さで、人影は女児を抱え込み、飛び出した勢いで路上に転がりこむ。

 だがその人影は、突然の反射的な行動に、自分の体がついていかないのか——女児をその背中でくるみこむようにしながら、その場に蹲っていた。

 その背中に着込んでいるのは、くたびれた市販の既製服。ハンターのバトルスーツでも、EGPDの制服でもない。ようやく起き上がったのは——髪を一つ縛りにして、眼鏡をかけた冴えない青年だった。

「あっ、あっ、あぶなかったっ……!」

 青年は、レンズの奥の目に生理的な涙を滲ませながら、少女を見つめる。まだ自分の取った行動に動揺しているのか、その手は小きざみに震えていた。

「は、はやく……、ぼ……、ぼくの後ろにっ……!」

 そう言って、女児を自分の背後に追いやると——青年は、機械人形と女児の間に立ち塞がるようにして、毅然と向き直った。


 顔にかかる、もつれた髪を払いのけもせずに、その蒼白な顔と爛々らんらんと光る眼の対照を見せながら、青年は何かに取り憑かれたように、トト人形を見上げる。

「こっ……、これ以上、き、キミの好きにはさせないっ!」

 そう言うと——青年は手に握った細長い長方形の装置を、人形に向かって振り翳した。

「こっ……、この、ジャミング・マシン! これさえ発動させれば、きっ、キミの頭部に仕込まれている電気信号送受信システム、つまり人体で言うところの、脳幹にあたる部分だが、そこに高音波によるジャミング・ランブルが干渉し、きっ、キミの、駆動系の統率は…………」

 そう、固く握り締めた装置を振り回しながら、怒涛の如く畳みかける青年の弁舌に、トト人形はきょとんと首を傾げる。

 そして、青年の手元から装置を吹き飛ばした。

「ああああぁ——————っっっ!!!」

「敵に解説なんてしていたら、そうなるに決まってるだろっ!!」

 青年の絶叫に怒声を上げながら、アルドが青年の前に転がるようにして駆け込む。だがそこにすかさず、頭蓋を狙った機械人形の拳が叩き込まれた。

「く……っ!!!」

 アルドの剣が、人形の拳を受け止める。

 腕の感覚が麻痺するほどの、凄まじいほどの圧力。衝撃に耐えながら、アルドは眉を硬く寄せる。

(最初に戦った時から、思っていたけど……。こいつ、恐ろしいほどの怪力だ……! まるで、アベトスやオーガのような、……! 量産型のドローンやガードマシンなんて、全然較べ物にならない……!)

 ——そのとき。

 アルドの剣が、空中に吹き飛ばされた。

「あっ……!!」

 反動で、アルドの体が大きく吹き飛ばされる。アルドは仰向けに路上に叩きつけられたまま、地面を滑った。

「いっ…………!!」

 背骨を強烈に打ち付けた激痛に、アルドは顔を歪め、歯を食いしばる。

(マズい……、オレ一人じゃ……!)

 やっと追い詰めた獲物を目がけ、トト人形は勢いよく身を縮めると、全体重に重力をかけて圧し殺すべく、再び跳躍の姿勢に入った。

 そのとき。


 イイイイィ…… ィィィイン……


 どこからともなく鳴る、不快な機械音。

 顳顬こめかみを圧迫するような音が、響き渡る。


 青年が、先ほど吹き飛ばされた装置を、手元に取り返していた。

 握り締めた手を、ぶるぶると震わせながら——青年はそれを、目の前の機械人形に向かって突き出していた。


 どすううううん…………

 轟くような音を立てて、トト人形はその場に倒れた。


 うつ伏せにリニア・ロードに倒れたトト人形は、まるで魂を失ったぬけがらのように、その場に横たわっていた。

 その様子を見て、青年がよろめく。あまりの安堵に、膝でうまく自重を支えることもできないようだった。

「よ……、よ、よかっ、た……」

 それから青年は、アルドに向き直った。

 よくその顔立ちを観察してみれば、青年という言葉もそぐわないような、立派な成人である。だが、そのそばかすのあちこちに残る、頼りない顔つきは、どこか弱々しい少年を思わせるようだった。

「あっ、あの……、……、お怪我は、ありませんか……」

 そう青年に問われて、アルドはようやく我に帰り、改めてその顔を見上げた。


「ありがとう、助かったよ……」

 そう言うと、アルドは上体を起こす。

 ゆっくりと弱々しく自分に微笑みかけるアルドを、青年は眉を下げたまま、驚きに目を見張りながら見つめていた。

「急に飛び出してきたから、いったい、何かと思ったけど……その機械、すごいんだな? オレはアルド。きみは?」

 そう言いながら、アルドは、まっすぐに青年を見つめた。

 深い海の、空の底のような、蒼い、心を探るような瞳。その瞳の不思議さに真正面から射抜かれ、ただ青年は、鏡のようにアルドを見つめ返すことしかできなかった。

「ボクは……、ろ、ロイと言います」

 青年は、そう名乗ると——なぜか、その色素の薄い顔を羞恥に紅潮させた。


 それから青年は、意を決したようにアルドに向き直った。

 鼻にかけた丸縁の眼鏡を、ぐいと押し上げながら——精一杯の真摯さで、青年はアルドに尋ねた。


「アルド……さん。不躾ぶしつけなお願いで、恐縮ですが……。もしよろしければこの後、ラウラ・ドームにあるボクの自宅に、ご一緒していただきたいんです」


「アルドさんの力が……、必要なんです」

 そう青年——ロイは、懇願するように、アルドに訴えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る