第7話童貞恥だし役に立たん

土「いいニュース聞きたい人ー!」

湯「はーい」

土「なんと!」

土「夏休みの夏期講習の後半が自粛になりまーす!!」

安「88888888888888」

安「模試は?」

土「延期です」

安「うえーーーい」

安「まぁ夏休みの課題すら終わってないけどね」

土「は?」

安「え?始業式はいつも通り?」

土「たぶん」

安「しねしねしねしねしねしね」

安「体育祭中止あくしろよ」

土「えぇ」

安「話変わるけど逃〇恥見始めたけどキュンキュンしちゃうな^~」

安「土井も(頭の中で)青春しろよ」

土「やだよぉ!」

安「俺は今いい青春してるからさ」

土「イマジナリーは嫌だ!イマジナリーは嫌だ!」

安「あとお前らにいいこと教えてやるよ」

安「高校生とヤレるのは高校生だけだ」

湯「ま た そ れ か」

安「後悔しないように...じゃあなッ!」

安「まぁこの学校きた時点で詰んでるけど」

土「浮いた話あんま聞かんしね」

土「元同級メンツみんな彼女持ってるのによぉ!」

安「同級の情報とかまだ来るんだ」

安「......いいな」

美「あっ」

安「なんか逃〇恥いろいろ惜し過ぎてはよヤれって思っちゃう」

土「踏切で告白しろ」

安「ぼ...ぼくと...つk🚄」

安「なんかね」

安「第三者目線だとはよ付き合え!って思っちゃうけど自分もこうなりそうだから少しずつダメージ受けてる」

安「何言ってんだよこのグループ全員だよ」

安「あ、湯崎以外」

湯「なんでぇ!」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る