静かに過ごしたい冬馬君が学校のマドンナに好かれてしまった件について

作者 おとら