◇04 つづき:リサと親父さん


 俺が語るおとぎばなしに、リサは夢中で聞き入っていた。ガキのころと同じきらきらした目で、懐かしくなる。

「おまえほんと、このはなしが好きだな……。ぜんぜん変わってねえ」


「えー! 私も変わったよ。だってこの話すごく面白いもん」頬をふくらませ不満げにリサは言った。

「『惑星ほしせい』ってすてきだし、あと男の子もね。なんかこの子、ぶっきらぼうな雰囲気があってかわいいのよ。親父さんも思わない?」


「はいはい、そうですか」

 ……まったく。心のおくでため息をついた。


 すると彼女はふいに、窓に目を向ける。

親父おやじさん。私ね、いままで船でいろんな星を見てきたんだ。どの惑星わくせい恒星こうせいも、ひとつとして同じすがたは無くてさ、よく思ったの。『あのおとぎばなしみたいに、星には精霊せいれいがいるのかも』って。廃棄物投棄用の座標ざひょうもいくつか寄ることがあったから、余計にね」


 リサが操縦席の景色を眺めるなか、俺は遠くの茶色い惑星に目をこらした。近づいた実感はまだ無いが、着実にあの惑星に向かって進んでいる。


 俺はたずねた。

「寄り道の件だが、すこし時間を食うぞ。大丈夫か予定は」


「うん……大丈夫だよ。急ぎじゃないから」


 そう答えたリサの顔は、とたんにしぼんだものに変わった。

 思えばこいつに疑問を感じる。偶然再会したまでは良い。だが花を渡してきたり暗い顔になったり、ひいては寄り道さえすんなりと受け入れる……。どういう理由で定期便を待っていたんだ。


「どうしたリサ」


「うん? なんでもない」

 すぐにはぐらかされた。


「あの茶色い惑星にいくの?」

 リサが指をさす。目的の星だ。


「ああそうだ。まだかかるな」

 俺はおとぎばなしを続ける。リサが惑星を奇妙そうに眺める横顔に、目を向けながら。


**********************************************


 ――朝になりました。きょうから女性と、ごみ惑星で新しい生活がはじまります。

 しかし少年はそのとき、嫌な夢を見ていました――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る