005

 追放された裁縫師テイラーのヨイシアは、冒険者として貯めた金銭を元手に、故郷で牧羊と養蜂を営んでいた。

 冒険者を辞めて一年、あの日々は既に記憶の彼方かなたに――という程の時間は経っていないが、常に死と隣合せの冒険とは違い、今は時折ぼーっとする時間すらある。


「よう、ヨイシア。相変わらずだなぁ」


 久方振りに会った来訪者は、当時と比べて少し痩せていたが、豪放な印象は変わっていない。


「えっ、ゴメスさん? どうしたんです、【翠鳳の警報ハウリング・ジェイド】は……いえ、それよりその腕は!」


 初めは体の陰に隠れているのかと思ったヨイシアだが、よく見ればゴメスには右腕が無い。無い方の腕は、彼の利き腕ではなかったか。棍棒使いスマッシャーのゴメスにとって、利き腕は商売道具だ。


「ひょっとして、ゴメスさんもパーティを追放されて……?」

「いや、【翠鳳の警報】は解散したぜ。お前が居なくなって、少ししてからよぉ」

「ええっ、それは……残念です……」


 古巣が衰亡したという悲報に、ヨイシアは何となく悲壮な気持ちになった。

 冒険者を始めた切っ掛けは、裁縫仕事がなかった間の日銭稼ぎに過ぎない。

 ゴメスにパーティへと誘われてからは其方そちらが本職になってしまったが、冒険者としての夢や希望があった方でもない。

 それでも、【翠鳳の警報】での冒険は楽しかったし、元の仲間達のことは心の中で応援していたのだが。


「まあ、【翠鳳の警報】がSSSランクになったのだって、お前のお陰だからよ。俺の怪我が無くとも、遅かれ早かれ解散はしてたろうぜぇ」

「ふふふ、ご冗談を。褒めてもヒツジ肉と蜂蜜しか出ませんよ」


 称賛の言葉を笑うヨイシアだったが、それは心からの言葉だった。


 ゴメスは後から聞いたことだが、ワルメア達はあの霊峰ハイホウでの冒険で、初めからヨイシアを追放する策謀を立てていたらしい。

 初期メンバーだったゴザブロウやランスは、ヨイシア加入前のことを知っているはずなのに、よくも賛同した物だと思う。万年Cランクで燻っていた自分達がランクアップできたのも、ヨイシアのお陰だろうにと。


 ここ暫くはメンバーも増え、冒険中に表立ってヨイシアが針や糸を振るう機会は少なかったが、装備の恩恵は当然として、新参メンバーへのサポートも大きい。リーダーのゴメスは細かい気配りが不得手だったため、常々有難く感じていた。

 積み上げてきたつもりだった物が、瞬く間に水泡に帰したことに呆れはしたが……ヨイシアにとっては、追放された方が良かったのかも知れない。


「どうしたんですか、ゴメスさん」


 小首を傾げるヨイシアは、自分が計謀により追放され、謀殺されかけたことなど疑ってもいない。

 ならばそのままにした方が彼女にとっては良いだろうと、ヨイシアには黙っておくことにした。


「ヒツジ肉は食い放題にしてくれぃ」


 ゴメスは物を考えることが得意ではない。棍棒を振り回すことで、多くを解決してきた。

 あの時も、自分は深く考えず、決断を多数決に任せた。自分以外の全員が納得するなら、それが正しい方法なのだと思考放棄した。

 いくら他のメンバーが、ヨイシア自身までもが認めた所で、彼女を置いていくべきではなかった。

 帰還を決めてすぐにゴメスは前衛に立ったが、最後まで残っていた後衛メンバーが、ヨイシアに灯りや非常食すら渡さなかったと聞いて、流石に暴れた。


 ヨイシアを見殺しにしたことを方々ほうぼうから阿呆呼ばわりされたが……その通りだ。返す言葉もない。


 だから、ヨイシアが生き残ったという朗報を聞いて、すぐにこの地方へやって来た。

 最初は謝るつもりで。しかし、ヨイシアと再会した今はもう、ただ旧交を温めるつもりだ。

 罪滅ぼしの謝罪は却って迷惑だと、謝罪は心の中だけですることにした。



 ゴメスが片腕を失って一年足らず。残った方の腕だけでの生活にもすっかり慣れたが、手掴みで食べられる方が楽なのも確かだ。

 目の前で炙られた骨付き肉は、一般人にとっては熱くて手掴みなど無理な代物かも知れないが、火竜の炎にも数秒耐える元SSSランク冒険者には何程のこともない。


「旨いなぁ。これ本当にヨイシアが育てたのかよ?」

「実を言うと、肉は他所で買ってきた物なんです。まだヒツジの繁殖を始めて、一年も経ちませんし」

「ほりゃほうか……んぐっ……あれからやっと一年だしなぁ」


 骨付きのヒツジ肉を頬張るゴメスは、ヨイシアの言葉にほうほうと頷く。


「あっ、でも蜂蜜は自家製ですよ! 裁縫師は布の材料になる動植物、針を持つ動植物の育成にも補正が掛かるんです!」


 誇らしげに言うヨイシアの言葉に、ゴメスはこの肉料理に蜂蜜が使われていたことを初めて知った。

 ちなみに、棍棒使いも棍棒を使う動植物の育成に補正が掛かるが、棍棒を使う動植物は滅多に存在しないため、あまり役に立つことはない。


 ともあれ、滔々と養蜂について語るヨイシアは、冒険者時代より生き生きとして見えた。


「あ、そうです」


 不意に、ヨイシアが何かを思い付いて手を打ち合わせる。


「どうしたよ、ヨイシア」

「いえ、骨付き肉で思い出しました。むしろ、どうして今まで思い付かなかったんでしょう……」


 そう言って、ヨイシアは火を通す前の骨付き肉を手に取って、立ち上がり、流れるようにゴメスの着ているシャツを脱がせた。

 肉を掴んだ方と反対の手で裁縫セットを取り出し、片手で針に糸を通す。


「おい、何だぁ、どうしたぁ?」


 困惑するゴメスの傷跡、腕の肉が盛り上がって包まれたそれが顕になった。


「シャンさんがパーティに入って以来ですから、本当に久方振りですね」


 そう言って微笑みながら――止める間もなく――ヨイシアはゴメスの傷跡に、骨付きのヒツジ肉を縫合したのだ。


 裁縫師の基本技法スキル、【外法の介抱フレッシュ・ステッチ】。

 ゴメスが知るそれは、切創を縫い合わせる程度の治療技法だったが、伊達で「外法」と名が付くわけではない。


「う、腕が、治ったぁ!?」


 高度に極められたその技法は、肉と骨を縫合すれば、細かい造形や機能を自動で補填してしまう。

 肉と骨。それは自分自身の物でなくとも、更に言えば、異なる種の物ですら、何の拒絶反応もなく繋ぎ合わせる。


「れろ……まだちょっと蜂蜜の味がしますが、そのうち落ちますよ。冒険者にも復帰できます」


 茫然とするゴメスに、このままでは感冒を患うからと、ヨイシアは剥いでいたシャツを着せ直す。


 ゴメスはそれから新しい肉が焼けるまでの時間、去来する様々な思いによって呆けていた。

 それから気を取り直してすぐ、ヨイシアの農場で雇って貰えるように要望し、その願いは喜んで聞き届けられた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る