第36話 みかん

 職場でみかんを配られた。


 コトコのものは傷んでいた。一部がぐずぐずに崩れていて、きっと中は腐っている。


 ——…………。


 コトコはそれを言い出せずに、ぐっと喉を詰まらせた。


 知っていて配られたんじゃないかと思うと顔が熱くなる。


 怒りと悲しみで。


 ——あの子なら文句言わないわよ。

 ——どんな反応するかしら。

 ——気付かなかったりして!


 陰でそう言われている、そう感じてもコトコは何もできない。目立たぬよう、さっと紙で包むと隠すようにして鞄に入れた。


 給湯室で捨てているの見られたら、更に何か言われるのは間違いない。


 塞ぎ込んだコトコは、家までみかんを持ち帰ってから捨てた。






つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る