黒い喧騒〜

第一話『私事と仕事』

 この街は昔ながらの街並みを保っている、今にも馬車か何かが通り過ぎそうな雰囲気の街並みだ。


 実際、馬車は走っている。

 そんな街の一角に位置するログハウスのカフェがあった。

 名前は『pudding』。

 プリンの専門店かと間違うような名前だが、残念なことにこのカフェにプリンは一種類しかない。


 誠に残念だ。

 それを除けばかなり雰囲気のいい店だ、人はあまり入ってこないし、明かりには灯油ランタンが使用されていて温かみのある、ゆるりとした雰囲気になっている。


「うん、遅れてるね、二分も遅刻だよ、ありえないね、紅茶でも奢ってもらおうか」


 そして、そのカフェでそう宣っている人物が僕の協力者だ。

 彼女の名はマリアナ。

 黒を基調としたコンビネゾンを着た、白い長髪の赤い瞳に縁のない眼鏡を掛けている女性だ。


「紅茶を奢るのはいいですけど、仕事の件とモルとの面会の件はどうなってます?」

「というわけで!ウルくん、このお店でいちばん高い紅茶を頼むよ」

「わかりましたです!」


 了承を得るや否や、このお店で唯一働いている、ウェイターのウルくんに声を掛け、ウルくんは大きな声で返事を返し、そそくさと厨房へ消えていった。


 止める時間もなかった。


「人の話聞いてます?というかしれっと高いの頼まないでくださいよ……」


 ウルくんは十歳くらいの男の子だ、栗色の短髪と青い瞳の背の低い少年。たしか、昔にここのオーナーが拾ってきた子だ。

 ウルくんもちゃっかりしてるな、まったく。


「仕事はまたいいの持ってきたし、面会はOKだって、今日中に午後四時まで面会が許されてるよ」

「ありがとうございます」


 なんやかんやで仕事はしっかりしてくれる人だ、これくらいは大目に見よう。

 店内は相変わらず客は居なく、貸切状態。この静けさがここの良さなのだけれども。


「仕事の件は三つおいしいのがあったよ、聞くかい?」

「お願いします」

「えっとね、この三つだ」


 そう言いながら、テーブルに置いてあった分厚い紙の束をこちらに寄せる。 


「ハロウィンの誘拐お化けの噂、吹雪の精霊の噂、餓桜がろうに侵された地区の調査だね」

「餓楼の調査毎回僕のところに来てません?」

「誰もやりたがらないからだろうね」


 こういうことが多々ある、しかしこういった誰もやりたがらないものほど儲かる、そしてその分リスクが大きい。


「紅茶お持ち致しましたー!」


 ウルくんが紅茶を二人分、お盆に乗せて厨房から姿を現した。


「僕の分は注文してないんですけど」

「じゃあウルが飲むです!お代は払ってもらうけどです」


 ちゃっかりというか、もう怖いまである。

 自分で飲むと豪語したものの、紅茶をしっかり僕の前にも置き軽くお辞儀をして厨房の方へ再び消えていった。


「はぁ、まったく……」

「うん、高級なだけあっておいしいね」


 不服ながらも、紅茶をひと口。


「うん、おいしい」

「泣くほど美味しいのか、そうかそうか」

「お金も欲しいですし、しかたないから餓楼調査してきますよ」

「うん、任せたよ」


 もったいないと思いつつも、紅茶を一気に飲み干し。


「んじゃあ、賭けてきます」

「うん、頑張れ〜」


 代金をテーブルに残し、店を後にした。

 向かうは路地裏街にある、留置所。

 高級な紅茶の余韻に浸りながら、街を歩いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る