第28話 実家のような安心感

「明理川茜熱愛発覚だって!」


「マジか! それは大スクープじゃねぇか!」


「デート中のところを、たまたま撮られたらしいよ」


「明理川茜とデートとか、羨ましいな……」


「マジでそれな」


 学校に登校してから、茜の話しか聞こえてこなかった。

 それほどに注目を集めているようで、改めて茜が大人気モデルであることがわかったのと同時に、バレたことで変な冷や汗が出ていた。


 俺のクラスの教室に入ると、俺の席にはすでに二人の人影があった。

 もちろんその人物は、


「おはよう、歩夢」


「おはよー」


「おはよ、正弘。あと氷見も」


「なんか私後付け感半端じゃないんですけどー」


「細けぇよ」


 そんなツッコみをするくらいには、まだ正常だ。

 当たり前のことだが、二人とも普通である。今はそんな当たり前が、当たり前ではないけど。


「お前、大丈夫か?」


 突然、正弘がそんなことを言ってきた。

 氷見は俺を心配そうに見つめている。


 やはりあのニュースは二人も知っているようだ。

 

「あぁ、大丈夫だ」


「そっか。ならひとまず大丈夫だね」


「そうだな。それにまぁ、明理川茜の相手がお前だって、世間にバレてないようだしな」


 そう言って正弘は周囲を見渡した。

 みんな一様に明理川茜の話をしているが、その中で誰も俺のことなんて見ていない。


 偶然にも撮られてしまった写真は茜の笑顔が映っているだけで、俺は背中しか映っていなかったのだ。

 不幸中の幸いと言ってもいいだろう。


「ほんと、それだけはよかったよ」


「だな。まぁ一番お前が大丈夫なのか気にはなってたけど、ツッコみができる時点で大丈夫そうだな」


「ツッコみで俺の心模様を図らないでくれる? ってかそれで分かるのかよ。メンタリストかよお前ら」


「うん、やっぱり歩夢は普通だね!」


「だからツッコみで判断するなって」


 またいつもの会話の流れになって、いつも以上にほっとする。

 登校するまで地に足がついていなかったから。それほどに、あの報道は動揺した。


 今度は氷見が、切り替えて心配そうな表情で俺のことを見てきた。


「……茜さんと連絡とった?」


「……取ってない。いや、取れなかった」


 俺はあの報道を見た直後、すぐに茜に電話をかけた。

 だがまだ起きていないのか、茜が電話に出ることはなかった。

 

 正直俺よりも、あいつが……。


「そっか。じゃあしょうがないね」


「あぁ」


「……心配、だよね」


「……そうだな。でも、モデルって言っても恋愛禁止じゃないし、別にダメなことじゃ……」


 ふと、正弘と氷見が温かい視線を送ってくれていることに気が付いた。

 その温度差から、俺が一人だけ熱くなっていることが分かった。


「すまん……」


「ううん。気にしないで」


「気にすんな。お前の気持ちが分かるって言ったら嘘になるけど、俺たちも一応ついてるから」


「正弘は完全な蛇足だけどね」


「な、何をー⁈ 俺こそこのグループの主砲だろうが」


「こんな弱っちい主砲があるわけないでしょ? 正弘は足軽くらいがちょうどいいよ」


「すんげぇ罵倒だ。だけど、足軽を馬鹿にしちゃダメだぞ? 一時代を築いた英雄だ」


「身分のことだよ。正弘は一番の下っ端ってこと」


「こ、この野郎……」


「んふふ~」


 いつも通りのギャグノリの二人に、また実家に帰ったような安心感を覚える。

 ひとまず、俺ができることは茜のケアだ。

 茜と連絡を取ることから始めよう。


 俺は手の中にあるスマホをぎゅっと握って、茜からの着信が来るのを待った。




   ***




 それはまだ歩夢が登校してくる前のこと――


「ひとまず、俺たちにできることをしていこう」


「そうだね。まぁ私たちにできることなんて、ほとんどないんだけどさ」


 自嘲気味に氷見が笑う。

 

「そうだな。だけど、あいつたぶんテンパってると思うんだよ。こんなに報道されて、色んな人がこの話してるからさ」


「そうだね」


「だからさ、俺たちはいつも通りでいようぜ。周りがみんな変わっちまって、きっと歩夢はアウェー感を感じてるはずだ。だから俺たちが変わらずにいて、歩夢に安心感を与えてあげよう」


 正弘が一気にそう言う。

 ふと正弘が顔を上げた時、氷見は驚いたように口を開けて、正弘のことを見ていた。

 

 そんな氷見の様子に、正弘は「ん?」と首を傾げる。


「いや、なんか……正弘だね」


「お前何言ってんだ?」


「んふふ、私もわかんない」


「ふっ、何言ってんだか」


 そんなとき、歩夢が登校してきた。

 氷見と正弘は顔を合わせて、頷き合う。



「おはよう、歩夢」


「おはよー」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る