珈琲は月の下で

作者 いときね そろ(旧:まつか松果)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 珈琲は月の下でへのコメント

    「明日、来て」というのに、現実的な理性を感じました。

    作者からの返信

    久浩香様、コメントありがとうございます。

    そうですね、百代が学生の頃なら「今すぐ来て!」と言ったでしょうね。
    そこは社会人なので・・・・・・
    けれど、離れていた彼女にこんなかわいいこと言われたら、伊往くんは明日を待たずにすっ飛んで来ちゃうかもしれないです。

    ふたりの結末は月だけが知っているのでしょう。

    2020年10月12日 04:43

  • 珈琲は月の下でへのコメント

    これは現実世界を反映したお話ですね。
    実際、こういうカップルもいるんでしょう。去る者は日日に疎しと言いますものね。

    でも、この二人は距離を置いたことが良い方に向かったようです。ほっとしました。

    珈琲に月餅。いいですね。割と甘みが強いのでベストマッチだと思います。

    誤字報告です。
    「イオが挽いた珈琲といしょに。」⇒「いっしょに」でしょうか。

    作者からの返信

    新巻へもん様
    コメントありがとうございます。
    仰る通り、2020年現在の現実世界を反映した話です。
    コロナ禍でなんとなくギクシャクしてしまったカップルもいるのではという気がして、満月を見ながら急いで書きました。
    珈琲に月餅は、完全に私の好みですが。

    誤字報告も、ありがとうございます!

    直ちに修正しておきます。

    2020年10月3日 16:24