怪男子

変わり身

二百七十三年前

 死体が、あった。


 闇の中、周囲を石壁で囲まれた部屋。

 昼夜も分からず、目を凝らさなければ足先すらも見通せない程に、暗く、深い場所。

 そんな暗く雑多な部屋の中央に、彼女は横たわっていた。


 年の頃は十代の中頃。

 整った顔立ちに色素の薄い長髪を垂らした、一糸纏わぬ少女の死体。


 散らばる書物を押しのけ、強引に設置された祭壇上。身体に沿って置かれている蝋燭の炎に炙られている彼女は、言いようの無い儚げな存在感を放っていた。


「――――…………」


 一つ。その傍らに傅く影がある。

 それは横たわる少女に許しを請うかのように、小さな呻き声を上げていた。


 ――老人。


 蝋燭に照らされるのは、小柄な身体に白衣を羽織った。年老いた男の姿だ。

 禿げ上がった頭頂部に、深い憎しみと悔恨に染まった皺だらけの顔。

 しわがれた両手の小指は根本から断たれており、真新しいその断面から絶え間無く流れる濁った血液が、白衣に赤黒い染みを作り出していた。


 しかし老人は、痛みを感じる素振りも見せてはいない。

 祭壇の上に横たわる少女に愛おしそうに手を這わせ、両手から流れ出る血液と、見開かれた左目から零れ落ちる涙を肌の上に擦り込んでいた。

 股に、腹に、乳房に。

 顔と同じく皺だらけの掌で持って、白雪のような肌を穢していく――。


「……、…………ッ!」


 異常としか言いようの無い光景。

 少女の周りに置かれている蝋燭が揺らめき、老人の顔を走る皺に生まれる影もまた、揺れる。

 刹那にも満たないその一瞬。老人の表情が、慙愧に満ちたものへと変わった。


「――ッ……!」


 老人の行為が、唐突に止まる。

 祭壇の少女は老人の体液に塗れ、ぬらりと妖しい光沢を放つ。

 施された血化粧はまるで肌の赤みのようで、見る者に倒錯的な性欲を掻き立たせる事だろう。


「……ぉお……! ぉぉぉぉぉ……」


 老人は呻き声を噛み潰しつつ白衣を探り、ゆっくりとある器物を引き抜いた。

 それは少しくすんだ鈍い鉄。人体を切り開く為の鋭利な刃――メスだ。

 これから始まるのは、正しく外道と呼ばれる所業。


 倫理、道徳、尊厳。

 人間が人間として正しく在るために必要な暗黙の了解。その外側。

 最早後戻りの出来ない領域に、老人は辿り着いていた。


「フー、フー……ッ」


 震える。

 過度の緊張と興奮により息が上がり、目尻から溢れる涙がその量を増していく。

 彼の姿からは、これから自身が行う「作業」への好奇など欠片も伺えない。ただ、何らかの強迫観念のような物に駆られている事のみが察せられた。


 ……もし、一つ歯車が外れていれば。

 少しだけ何かが違えていれば、彼は狂わずに居られたのかもしれない。


 しかし、結果はこの様だ。

 何が間違っていたのか、正しき道はどこにあったのか。

 答えの全ては二度と戻らない過去へと棄てられ、もはや拾われる事も無い。


「…………――――!!」


 狂気が、高らかに渦巻く。


 老人は全身を震わせながら、自らの体液を撒き散らしメスを振り上げた。

 少女は目を閉じたまま身動ぎ一つせず、穏やかな顔で。

 食い縛られた老人の口元からは声にならない絶叫が迸り――。


 ――『怪異法録』


 老人の足下に転がっていたその書物が、赤黒い飛沫で染まった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る