Princess Or Not

作者 負け犬アベンジャー

すべてのエピソードへの応援コメント

  • エピローグ 妾の国へのコメント

    最後に姫がデレた! かわいい!
    立派になってうまく国を立て直せたらいいですね。
    うまくいかなかったらずっと四人に笑い話にされていそうです←

    作者からの返信

    グッダグダのエンディングです。

    成長物語書くつもりがツンデレ落ち、色々と反省点多い作品でしたが、最後まで読んで頂き、それで少しでも楽しんで頂けたなら、ほんの少し救われます。

    最後までありがとうございました。

    2020年12月9日 00:39 編集済

  • よその家の焼肉へのコメント

    おばあちゃんいろいろな意味で強い←
    ついに姫様との対面ですね。
    四人もちゃんと対戦相手が決まったようでワクワクします。

    作者からの返信

    唐突ならずボスの登場、別に打ち切りではないです。当初のプロット通りです。

    2020年11月21日 18:11

  • 悲惨な焼肉焼き放題へのコメント

    この子、人の心抉る天才なのでは⋯⋯⋯⋯
    まさかマルクが折られるとは思わなかったです。
    しかも断末魔が円周率←

    作者からの返信

    噛みなれてない仔犬みたいなもんですから、手加減しないのです。

    実際、円周率を笑えるほど咄嗟に賢い単語出てこないもんですよ。

    2020年11月20日 00:40

  • 月一バトルロイヤルへのコメント

    仲良しさんですね!
    お互いにお互いのことよく分っているのが良きです。
    もうずっとこのまま仲良し五人組でいた方がいい気がしてきました←
    なんだかんだ大事にしてくれますしね。

    作者からの返信

    普通にいい感じの友人だと思ってたのに、ある些細なきっかけで本性現し、全てが幻だとわかってしまう。
    十三日の金曜日以降だったらちょっと書けなかったかもしれません。

    2020年11月16日 22:36

  • 聖剣の行方へのコメント

    ひでえオチで笑っちゃいました←
    やはり筋肉は全てを解決する最強の鎧ですね。
    この分じゃ他の三人もとんでもない実力者なのでしょう。
    自称姫様、今のうちに彼らに媚びを売っていた方がよいのでは……←

    作者からの返信

    真の王者の証はパワー、即ち筋肉です。
    そのことにもっと早くリーアが気が付いていれば、スムーズにお姫様と認めらたことでしょう。
    残り三人もがっつり戦わせてますので、良ければ読んでみてください。

    2020年11月15日 02:17

  • 追われる少女と食事の終わりへのコメント

    ドリフの撮影現場でしょうか←
    愉快な四人組です。

    作者からの返信

    愉快な四人に一人が加わっての珍道中、未だに終わりは見えませんが、楽しんでってください。

    2020年11月12日 01:46

  • すべてのエピソード 6
  • プロローグ 私の国
  • 飢える四人
  • 追われる少女と食事の終わり 1
  • はっちゃける四人
  • まだ店内
  • まだまだ店内
  • 目的地
  • 挑戦者は一日六十人まで
  • 聖剣を前にして
  • パワー対パワー
  • 孤高なる筋肉に万雷の拍手を
  • 聖剣の行方 1
  • 聖なる晩餐
  • 早起きは美徳
  • 眠たげな家
  • 特別授業
  • 大渦に流され全てをもぎ取れ数多の指よ!
  • 暗い仕事
  • やめられない止まらない
  • 月一バトルロイヤル 1
  • 長い長いお祭り
  • エントリー
  • 第一審査から最終審査まではダイジェスト
  • 最終審査のその前に
  • それでは数えてもらおうか
  • 祭りの後の祭り
  • 平時が人を作る
  • 我々は君を欲している
  • 希望の星
  • 改革の最前線
  • 全部燃えちまえ!
  • 改革の宴
  • 悲惨な焼肉焼き放題 1
  • 大草原の小さな目的地
  • よその家の焼肉 1
  • 姫のお言葉
  • 三連続
  • 知らなかった部屋
  • 名前のない過去
  • 我ら行進する筋肉に万雷の拍手を
  • ただの一滴が大海を覆す
  • マロの代わりに数えてもらいたい
  • 何もかも焼き尽くしてやるぜ!
  • 人のもの
  • 言葉の重さ
  • 姫が姫でなくなることを願うわけ
  • おいそれと入ってはいけない場所
  • 冒涜と契約
  • 名前はまだない
  • 戦いの後で祭りの前
  • 報酬と呼びにくい報酬
  • 慌ただしい別れ際
  • エピローグ 妾の国 1