2020/9/27に発生したアルメニア・アゼルバイジャン間の戦争についての現状況及び考察

作者 扶桑のイーグル

11/7」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 未だに集結しない長引く戦争の中、まとめお疲れ様です。
    正直最初は国境(この表現が正確かどうかわかりませんが占領地域周囲)での一時的な衝突で終わると思っていましたが、本当に長引いています。
    シュシャは落ちたのでしょうか?
    アゼルバイジャンは被占領地域すべてを奪還する勢いですね。

    こうして戦線が大きく傾くと中立な立場で見るのが難しくなると感じます。
    戦地からあまりにも離れていて双方に思い入れがないためでしょうか。
    どちらの命も等しく貴重なもので、どちらの犠牲も等しく悲しいことなのですが。

    まとめ頑張ってください。


    作者からの返信

    ありがとうございます。いつまで続くんでしょうかね……。
    シュシ(シュシャ)は落ちました。アルメニアが白旗上げるかどうかの戦争になりましたね。

    自分はアルメニアに肩入れしている面があるのですが(今回アゼルバイジャンの方が戦争犯罪を多く起こしているのもあって)、アゼルバイジャンだって前は苦渋を舐めさせられてたんですよね。善悪の話では片付かないので、やはりどちらの国民も死なないでほしいものです。

    頑張ります。励みになります。

    2020年11月10日 00:00