〈森の民〉の物語

作者 冬木洋子

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第7話  番外編 テル・トールマンの…へのコメント

    これはこれでいいですね。
    外からの視点として成り立っています……番外編とするにはもったいない(*´艸`*)

    作者からの返信

    ありがとうございます! 番外編といいつつ、本編よりも長いです(^^ゞ お気に召したら嬉しいです。

    2020年12月11日 23:33

  • 第6話 エピローグ・夏告げ鳥の頃 へのコメント

    ちびちび読んでいますが、私はこのお話にめちゃめちゃ影響を受けていますよ……なんて話だ!
    つづきと、それからべつの人たちのお話も、楽しみにちびちび読まさせていただきます(*´艸`*)♡

    作者からの返信

    ご高覧ありがとうございます! 楽しんでいただけたようで、嬉しいです♡
    このシリーズ、森の民、荒れ地の民の二部作だったのですが、最近、沼地の民のお話もUPして、三部作になりました。気が向いた時に読んでくださると嬉しいです!

    2020年12月6日 22:56

  • 第6話 エピローグ・夏告げ鳥の頃 へのコメント

    〈森の民〉が暮らす緑豊かな森が、ぶわあっと目の前に広がって見える……そんな素敵な物語でした。

    森と共に生き、優しさと愛情に満ちあふれた彼らの姿が、かつての北米先住民と重なって見えたのは、私の気のせいかしら……と思いつつ。冬木さんらしい静かな感動を与えてくれるお話しでした。

    番外編も楽しませて頂きますね。

    作者からの返信

    読んでくださってありがとうございます!
    番外編は、ちょっと趣が変わって、ある意味、本編ぶち壊し(笑)なのですが、「お遊び」ということで気楽に読んでくださると嬉しいです!

    2020年11月11日 13:44

  • 第6話 エピローグ・夏告げ鳥の頃 へのコメント

    とても素敵なお話と世界をありがとうございます。

    作者からの返信

    お話におつきあいくださって、こちらこそ、ありがとうございました!
    実はこの後も、本編より長い番外編が続きます。
    気が向いたら、また、しばらくのあいだ、お付き合いくださると嬉しいです。

    2020年10月21日 21:54

  • 第5話 おとうさんが来る日(2)へのコメント

    少年のモノローグがほほえましく、読んでいてとても楽しくなりました。

    追記です 10月21日
    返信ありがとうございます!
    仰る通り民俗系ファンタジー祭から見に来ました。
    私も皆さんのように自分なりの異世界を構想したくなりまして、さっきから四苦八苦しています。楽しいですが、やってみると大変ですね。勉強させていただきます。

    私事は措いて、子どもが楽しそうにしている文章は、読んでいるとそれが伝染するようで、癒されますね。
    それから、森の民の民俗はとても興味深く感じました。
    他の作品とも共通する世界とのことでしたので、そちらも拝読させていただきます。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    もしかして秋の民俗系ファンタジー祭から来てくださったのでしょうか。
    楽しくなったと言っていただけて、とても嬉しいです!

    2020年10月20日 22:38

  • 第1話 おかあさんの木へのコメント

    初めまして。
    自主企画からたどって拝見しました。
    一人称の柔らかな語り口と、不思議な世界観に引き込まれますね。
    森の中にいてお話を聞いているような感覚になります。

    作者からの返信

    はじめまして。
    秋の民俗系ファンタジー祭から来てくださったのですね。
    この企画に参加したくて、サイトに死蔵していた古い作品を、こちらに転載してみました。
    参加してみてよかったです!
    続きも近日中に投稿しますので、気が向いたら、お付き合いいただけると嬉しいです。

    2020年10月12日 18:56

  • 第2話 恋の季節(1)へのコメント

    文章がきらきら輝き踊って、いきいきして……素敵です。

    作者からの返信

    わあ、ありがとうございます!  だいぶ前に書いた作品ですが、少しずつこちらに転載していく予定です。気が向いたら、お付き合いくださると嬉しいです。

    2020年9月30日 14:39