十年来の片想い相手に振られたから、ラノベ作家になって作品の中で彼女と過ごすことにしました

作者 くろの