【勇者カカカの冒険】▷はじめから つづきから

代々木夜々一

【勇者カカカの冒険Ⅰ】▷はじめから つづきから

第0話 プロローグ

「チック! 撃て!」


 遠くの地面に向かって叫んだ。小さな赤いサソリ。名はチック。おれの仲間だ。


 夜の闇に光の筋が走る。その光は対峙たいじするトカゲのような馬の首に刺さった。ぶきみな黄色い目がこっちを見る。


「効いてねえのかよ!」


 おれは「メイル」と呼ばれる細い剣を抜いた。こんなバケモノが、なんでクソ田舎に? どう見たってバケモノ級だ。今まで倒してきたモンスターとケタが違う。


 トカゲ馬が、ゆっくりと近づいてきた。おれもゆっくり下がる。うしろからうなり声がした。新たな敵ではない。さっき仲間になったノラ犬だ。


 おれはレベルも低い。魔法も使えない。おまけに仲間はサソリと犬。泣けるぜ!


 隣家の物陰から、こちらをのぞく人の姿が見えた。このあたりに勇者や戦士は住んでいない。戦えるのは、おれだけ。やるしかねえぞ。


 おれは、今一度、剣のつかを握りなおした。


 その昔、文句を言いながら毎日残業していたころがなつかしい。まさか、あの日から、こんなことになるとは……


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る