言葉は脆く、されど踊る。

作者 静 霧一