第5話 「デビル」

もしも、諦めているとしたら

身動きがとれないと嘆いているとしたら


周りの景色を気にしないで

見つめるのは自分の宇宙

あなたのなかにあるのは 限りなく広がる世界


景色には鍵はかかっていない

誰もあなたを縛ることはできない

少しだけ 周りが変化しただけ

いまはまだ 時間が必要なだけ


自分の宇宙に星を飾ろう 

好きなものを好きな場所に 思いつくままに並べてみよう

ひとつずつ繋げていって 希望の星座にしよう

その光は いつか誰かの胸に届くだろう


解き放たれるときは きっと来る

あなたの宇宙に デビルはいない

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る