26

9月5日


 濡れて乾いて悲惨な状態の原稿を回収。ちょっと喫茶店や電車内で広げるのは、はばかられるほど。

 苦心して、赤ペンを入れる作業。

 

 今の横溝賞は昔と違い、ミステリーだけでなくホラーも対象。

 せっかくジャンルとしてホラーもオーケーなので、新たにホラーにチャレンジしたい気持ちはあるも、ホラーのインプットがほとんどなく生きてきました。

 今の原稿もミステリ。ホラーとミステリがブレンドされたものが賞にはふさわしいのかな、と感じながらも、とにかく面白いものに仕上げるのが一番だと言い聞かせ、月末まで作業を進めるしかありません。


 恋愛がらみの作品を書いてるときは恋愛映画を、学園ものを書いてるときは青春映画を観ることが多いのですが、いくら勉強のためとはいえ、ホラー映画を観る気にはちょっとなれないのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る