極楽浮遊ワンルーム

作者 きゅうた

39

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

立地最高。しかし前の住民の夜逃げにあったという古いアパートの部屋へ、面倒な手間をかけて引っ越した“俺”。翌日仕事へ出かけようと外へ踏み出しかけて、唖然とする。なぜなら彼の部屋だけを残し、世界が消失していたからだ。しかし、その虚空には自室以外のものが在った。そう、同じように浮かんだ三つの部屋と、その内の住人が。

切り離された異空間の中、互いの言葉すら届かない隣人たちとの交流劇。それは重ねられるにつれ、謎を深めていきます。その展開が言うなれば助走になっているのですよね。進むにつれ加速していって、クライマックスで一気に解(ほど)ける。設定がすばらしく練り込まれていて、主人公の俺さんの心情描写が実に濃やかであればこそ、到達する真実はなにより鮮やかに浮き彫られて。その果てに露わとなるオチがなんなのかは言わずにおきますが、本当にお見事としか言い様がないのですよ。

注目していただきたいポイントは「後味」! ぜひともみなさまにご体感いただきたく、推させていただきます。


(「春だからスタート!」4選/文=髙橋 剛)