第9話

 思わず流れで相槌を打ってしまった。

 いったい何の冗談だ、と言いたかったけれど矢来さんの目は至って真剣。

 茶化したり誤魔化したりできなさそうだ。


「い、いいの!?」


 私が、うんと言ってしまったせいで矢来さんは盛大に勘違いをしていた。

 目をキラキラと輝かせ、いかにも嬉しいと言っている。


「よくない! よくないから!」

「……よくないの?」


 明らかにテンションの落ちた声音。

 いや、しかし。ここで情に流されて譲るわけにはいかない。だって、付き合うってなに?

 翔也と別れてまで矢来さんと恋人になる理由なんてないはずだ。

 そもそも彼氏がいなくたって矢来さんと付き合うなんて選択肢は普通ない。


「ちょっと待って、矢来さん、一回落ち着こう。自分が何言ってるのかわかってる?」

「彼氏からわたしに乗り換えてって」


 わかってるのね。わかった上での発言と。余計に問題だわ。


「えっとなに? 略奪愛が趣味なの?」

「そんなつもりはないよ」

「じゃあ、私のことが好きなの?」

「……どうなんだろう」


 いやだから、私に聞かれても。あなたの感情なんて知ったこっちゃない。

 矢来さんは私の問いに、思いつめたような顔で考え始める。そこまで難しい問いかな?

 好きか嫌いか、もしくはどっちでもないか。答えの幅なんてそれぐらいしかないのに。

 うんうんと、唸る矢来さんの中にはいったいどれだけの回答例があるのか。


「……海道さんは学校楽しい?」

「はい?」


 いきなりこの子は何を言い出してるんだろう。質問に質問で返すのもそうだけど、それ以上に矢来さんから飛んできた質問は唐突で的を射ない。


「海道さんの周りっていっつも色んな人がいるよね。主にはうちのクラスの人達だけど、たまに隣からも来てたり」

「それがどうしたの?」

「これはあくまでわたしの主観だけど……。海道さん、あんまり楽しくなさそうだなって」

「そんなことは……」


 ない、とは言い切れなかった。事実、あの喧騒を疎ましく思っている節はある。

 ただ、それ以上に。

 どうして矢来さんは私の心の内を読み取れるまでに、私を観察しているんだろう。


「わたしね、たしかに空気は読めないしあんまり人とは馴染めないんだけど……。でもね、その人が何を考えているかは、少しわかるの」

「……私がキスされそうになってた時に、止めたのもそれ?」

「そうだね。海道さん、嫌そうだなって。もちろん勘でしかないし、違ってたらまた迷惑かけることにはなるんだけど」

「……仮にね、仮によ? 私があの時、翔也とキスをするのを嫌がってたとして、矢来さんがそれを止める意味ってなに? あなたにメリットがあるとは思えない」

「メリット? 海道さんに嫌なことが起こる前に阻止できたことだよ」

「だから、そこ! 私を危機から救って、あなたに何の得があるの。もしかして人助けして悦に浸ってるの? だとしたら――」


 有難迷惑だなんて、我ながら酷いことを言うなあ。でも、動き出した口は止まらない……はずだった。

 

「海道さんには、あんな顔して欲しくない。ちょっと大人びてて、いっつも気だるげで、だけどたまに笑った顔は女の子って感じで……。そんな海道さんが、辛そう顔してるのを見たら思わず声かけちゃってた」


 私は声を失った。

 だって、矢来さんの言うそれがもし本心なら。

 

「……矢来さん、やっぱり私のこと好きなの?」


 常日頃から私のことを観察して、私を嫌なことから守ろうとして。

 これで私のことを好きでないのなら、いよいよ矢来さんがおかしな人になる。


「なのかな?」

「いや、恋心ぐらい自覚して欲しいんだけど」

「前からずっと可愛いとは思ってたよ?」

「髪切ったら文句言ってきたものね」

「あれは撤回! 今も可愛い!」

「口がうまいんだから」


 だけどまあ。

 矢来さんは私のことを好きなのか。そう考えると、最近の奇行にも説明がつく……つくはず。

 とにかく、何の理由もなしにキスをしてきたわけじゃないらしいから溜飲は下がった。

 その代わり、なんで私に好意を寄せているんだという謎が生まれたけど。


「それで、どうかな?」

「なにが?」

「わたしと付き合うって話」

「ああ……って、いやいやいやいやないから」


 私は手をブンブンと、それこそ矢来さんばりに大袈裟なモーションで否定する。

 いや、だって、ねえ?


「私には彼氏がいるわけで」

「でも、好きじゃないよね?」

「……ど、どうしてそうなる」


 どもるなよ、私。


「キス嫌がってたからって言いたいところだけど。前から薄々感じてたんだよね、海道さんが彼氏さんだけじゃなくて、あんまりあのグループの人達のこと好いてないって」


 観察眼が鋭すぎて怖い。どんだけ私のこと見てたんだ。


「あ、でも小波さんとはホントに仲良しに見える!」


 唯のことだけを信頼しているのも見抜かれているとなると、やはり矢来さんの中では全て確証があるのだろう。適当に言っているにしては当たり過ぎだ。


「降参よ」


 私は手を挙げて白旗を振る。


「たしかに、私は翔也のことをそこまで好きじゃないし、唯以外の子のこともよくは思ってないわ」

「だったら」

「だけど、だからって矢来さんと付き合うとかないから」


 私の言葉に矢来さんの目が驚き見開かれる。そこまで驚くこと? むしろ矢来さん的には勝算があったってことなのか。そっちに驚く。


「どうして? わたしのこと嫌い?」

「嫌い……ではないけど。この際だからぶっちゃけるけど、私矢来さんのこと苦手っていうか」

「それ嫌いみたいなものじゃない!?」


 言いながら矢来さんはケラケラと笑う。悲しむんじゃなくて笑うの、情緒不安定っぽくて怖い。


「どんなところが苦手なの?」

「え、ええ……」


 どうして本人に向かって、あなたのこういうところが好きじゃありませんと並べ立てないといけないんだろう。私は矢来さんじゃないので、精神が持たないんだけど。

 そんな私の葛藤も知らず、矢来さんは爛々と私の答えを待っている。今から自分の欠点を言われる人の目じゃないよね。


「さ、騒がしいところとか……」

「うんうん、駅でも言われたね」

「空気読めないし、そのくせ平気そうにしてるし」


 言ってから気づいた。これに関しては嫉妬だと。周囲に流されることなく、飄々と自分を貫く矢来さんを私は羨んでいたんだ。

 自分に持ってないものを持っている。だからムカつく。


「平気……ではないよ? わたしだって友達は欲しいし」


 だけど、矢来さんはそれを否定する。でも、私にはそれすら眩しく見えた。だって、それが本当に平気じゃない私みたいな凡人は必死に取り繕う。矢来さんにはそれがない。

 矢来さんも矢来さんになりに悩んでいるのかもしれない。それでも私からすれば、十分カッコよく映る。


「ああ、あと」

「うん? まだあるんだ」

「顔が良すぎてムカつく」

「はぁ、顔」


 ペタペタと矢来さんは自身の顔を手で撫でて確かめる。

 間抜けな動作なのに、それでもあざとさすら感じさせない完成された造形。

 

「ブサイクになればいいのかな」

「なれるの?」

「こんな感じ?」


 矢来さんは口角を上げ、指を使って頬肉を伸ばし必死に変顔をしている。

 

「それでも可愛いの最高にイライラするわね」

「どうしろと!?」

「これはまあ、八つ当たりだけど」

「八つ当たりなんだね、よかったよ。でも、海道さんも可愛いよ?」

「……そりゃどうも」


 他の人が言うと嫌味にしか聞こえないような台詞だけど、矢来さんが言うと本音感がすごい。

 いや、実際矢来さんは本当に私が可愛いと思っているんだろう。まあ、自分でもそれなりに整った顔立ちに分類されることは自覚しているけど。それでも、クラスメイト達に褒められてもどこか素直に受け取りきれない。どこかに僻みとかを察知してしまう。


「つまり、わたしは騒がしいことと、空気が読めないことと、顔が良いところを改善すればいいんだね」

「そうね、頑張って」

「事実上不可能だよね」

「そういうことよ」

「ひどい!」


 だから、そうやって大声を出さないで欲しい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます