ロマンチックな雨


「やまない雨ってなんかロマンチックじゃない?」


 隣の席の結愛はロマンチストだ。いつもこういう調子で共感を求めてくる。


「そうか? てか、雨が降ってたら靴が濡れて不快に感じる」


 しかし、俺はその度に否定する。


「そうだけどさ、なんか、こう……魔法を使っても実現できないし、他の人から嫌がられても降り続けるって考えたら良くない?」


「ただの自分勝手だろ、そんなの。やりたきゃやればいいって話じゃないし」


「でも、天気は何年も変わっていて、頑張ってるじゃん。だから、たまには好きなようにしてもいいんじゃない?」


「確かにそれは一理ある。ただ、そんなこと言ったら『ここに就職するため、頑張って働いて生きてきたんです!』って面接でアピールしてるようなもんだぞ」


「ちょっと理解できない……」


 結愛の後ろにある窓から雨が降っているのが見えた。


「ほら、変な話しするから雨降ってきたじゃねーか」


「そもそも雨の予報だったし」


「俺は天気予報なんて見ねーから、おまえの言葉が雨を降らせたとしか思えないな」 


「ひどーい! でも、そういう亮くんはどうなの? いつも堅苦しい反論して、私の感性をぎったぎったにするけど、まさか、美の一つも持ちあせていないとか?」


「……ちげーよ。俺は……」


 そうだ。俺は彼女のロマンチックな感性が好きだ。でも、それを認めるのは恥ずかしいし、男のくせにロマンチストなんて言われるのは嫌だ。それに俺は、やまない雨のように現実では有り得ないし、他の人から嫌がられ、自分勝手な恋をしているから、この話を肯定したら駄目なんだ。


「俺は……馬鹿なんだよ。おまえみたいにな」


「ちょっと、予鈴に合わせて喋らないでよぉ。それはずるいって。もう一回言って?」


「やっぱり馬鹿だな。俺は同じことは二回も言わん」


「その言葉は何回か聞いたことあるよ」


「揚げ足取れて嬉しそうだな。次はないと思って喜べ」


「え? いつもと違って素直だね。『俺の性質を説明しただけだから、このセリフも含めてノーカンだ』なんて言わないの?」


「あぁ、言わないさ。最後くらいは」


「ん? 最後?」


「いや、なんでもない。それより、授業の準備したのか?」


「あっ。課題やってない! 光の魔法の活用ってところ見せて!」


「実はな、俺もやってきてないんだ」


「なななぁあの秀才亮くんが!?」


「秀才でもめんどくさいと思う時はあるんだよ。まぁそうだな、浜崎とかはやってるんじゃね? 今ならまだ間に合うよ」


「そ、そうだね! 行ってくる!」




「……じゃあね」


 彼女が窓際の席へ行った後、誰にも聞こえないくらい小さな声で呟いた。そして、俺に人を殺すような目が集まる。嫉妬や羨望といった感情が酷く拗れるとここまで鋭くなるのだ。


 俺だって頑張ってきたさ。初めは厳しい貴族の家庭で育ち、両親の言うことを真面目に聞いていた。だが、俺には大した才能はなく、勉強も普通未満、運動も底辺、魔法を扱う才能に関しては絶望的であった。


 何度も何度も挫折しかけた。何度も何度も両親に激怒され、殴られた。十五の時は自殺も考え、未遂にまで至った。でも、この世界から逃げることはできず、頑張るしかなかった。そうして、ようやく、能力を身につけた。


 許嫁も決まって順風満帆に思えたが、魔法学校で出会った少女に恋をしてしまった。


 彼女といることこそが、この人生の意味だとも思った。だけど、世の中はそう簡単に許してくれなかった。


 まず俺は許嫁に嫌われるよう、素行を悪くし、食事会も連続で欠席したりした。


 もちろん両親が黙っているはずもなく、俺と好きな人とを引き離すと言われた。だから、俺自身が彼女から離れる。そっちの方がロマンチックだ。


 鞄を持って、彼女が窓際にいる間に教室を出た。最後の『課題をやっていない』という嘘が今更胸に染みる。


 外へ出ると想像以上に雨が強くなっていた。やまない雨という言葉が浮かんだ。いや、まさか。俺は自分の気持ちをここで断つし、この雨だって明日には……。


「あぁ、そうだよ。やまない雨な、すごいロマンチックだよ」


 独り言は雨に掻き消され、俺の記憶の片隅に遺るだけ――


「やっと認めてくれたね」


「えっ!? なんでここに……」


 振り返ると結愛がいた。


「なんでって、そりゃあ急に帰ろうとしたら追いかけるよ」


「待て、もう授業始まってるだろ!」


「サボろうとしたのはどちらですか。というか、私から逃げようとしたでしょ?」


「……」


「分かってないなぁ。私が亮くんの想像より頭が良いってこと。私は亮くんと逃げる覚悟はできてるよ」


「あぁ……そうか、気がついていたんだね」


「うん。だからさ、一緒に逃げよう? 何処まででも」


「断る理解なんかない」


 彼女はふわっと笑い、俺に手を差し出す。


「雨に濡れて学校から逃げるってロマンチックだね」


 俺はその手を握りしめ、絶対に離さないと誓う。


「そうだな。そのシュチュエーションよりも結愛の方が好きだ」


 二人で雨の中へ飛び込んだ。靴が濡れても、結愛と一緒なら不快に感じなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます