僕は人々が嗅覚を奪われた世界で、アロマセラピストをしています。

作者 梅屋さくら

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?