#5 突然のハ―レムイベント発生事件。そして、さらなる違和感。

そして、食べ終わり、片付けが終わった後――


「ふわぁ……わたし、眠くなってきました……」


レアはとても眠そうにしている。


「そうね、私も眠くなってきたわ」


気がついたらもう夜になっていた。


俺も眠たくなってきたな。


「そうだな、じゃあ今日はもう寝るとするか。」

「そうしましょう」

「みんなでおやすみですっ……」


俺達は小屋に入り、中にあるベッドに向かった。


「じゃあ俺は床で寝るからニ人はベッドで寝てくれ」


リシテアは言った。


「何を言っているの? 床で寝たら風邪を引いてしまうわよ? 三人でベッドに入りましょ?」


レアはリシテアに続いて……。


「そうですよっ、お兄ちゃんはお姉ちゃんとわたしの三人で寝るのですよっ」


さ、三人で寝る!?

同じベッドで?


「いやいやっ君たちは女の子だし、男の俺と同じベッドで寝るとかおかしいだろうっ」


とか言いつつも……

俺はニ人に挟まれて寝ることを想像した。


……悪くないっ。


いやっ! むしろ是非三人で寝るべきだっ。


リシテアは言った。


「何を言ってるのよ、男とか女とか関係ないじゃない」



「そうです関係ないですよっ! さあっ、お兄ちゃん!」

「さ、さ三人で寝ようか」

「そうしたほうが楽しいですよお兄ちゃん!」


リシテアはそんな俺達を微笑ましく見ながら。


「さあ、ベッドに入りましょ!」


と、言った。


「あ、あう」


俺達はベッドに入った。



俺を挟むようにニ人は俺の左右にいる……。

これはまさに俺が望んでいた、ハ―レムそのものだ!

俺は感動を覚えた…のだが、この状況はさすがに緊張するな……。


こんな状況、当然非リア充の俺は体験したことは無いわけなんだから、そりゃ緊張する。

俺は落ち着こうとして深呼吸をすることにした。


すぅ―……


はぁ―……


すぅ―……!?


「なんだ!?」


突然リシテアが抱きついてきた!


……相変わらず胸の感触かんしょくが凄いしっ!

そして女の子特有のいい匂いがする……。


「ハヤトくんだぁいすき!」


抱きついているリシテアをみたレアも腕を伸ばし、俺に抱きついてきた。


「レアもお兄ちゃんのことが大好きです!」


俺は混乱した。

レアの胸は正直あるとは言えなかったが、それでも僅かな膨らみを感じる。

ああ、四つのおっぱいが……。


いい匂いまでしてきて変な気持ちになってくる……


ハッ! いかんいかん! そうだ、こういう時は数を数えればいいんだっけ?


おっぱいがひとつ……。


おっぱいがふたつ……。


おっぱいがみっつ……ってちっが―う!!


落ち着け俺……落ち着くんだ……

そうだ! なにも考えないようにするんだ

思考を停止させよう。


むぎゅ〜


二人の抱きつく力が強くなった。


あ、ああ、ああああああああ―!


気がついたらニ人は寝息を立てていた。


「すぅ……ハヤトくん……」

「すや……おにいちゃん……」


ニ人とも気持ちよさそうに寝ていた。


今日はこの世界にきてリシテアと出会ったり、

村周辺のモンスタ―を倒してレアと出会ったりもした。

森に向かい馬車に乗って……三人でご飯を食べて……

楽しい思い出がいろいろあったな。


明日も三人で楽しく冒険しような。


――俺は二人に囲まれながら気持ちよく眠りについた。



◇◆◇◆



俺はむにゅっという気持ちいい感触を感じ、目が覚めた。

そこには俺の上に思いっきり乗っているリシテアがいた。


「ハヤトくぅん……」


思いっきり寝ぼけてやがる。


「リシテア! 起きろ!」

「起きてるわよぉ……」

「起きろって!」


「このままだと俺が非常にまずいから頼むから起きてくれ!」

「ちゃんと起きてるじゃない……」


起きてくれない。


こうなったら――。


もみ、もみ……


「んっ……」


効いている! この調子だ!


もみもみもみもみもみもみ……。


「んっ……やっ……ハヤトくん……ハヤトくん? なにしてるのよぉ!」


「目が覚めないから胸をんでいたところだっ!」


「もうっ! ハヤトくんのエッチ! 揉むのなら夜にしてよね!」


夜ならいいのかっ!


ふふふっリシテアとあんなことやこんなことを……。


――って。


しっかりしろ来栖隼斗! なにも考えるな。何も考えるな……。


俺とリシテアはベッドから出た。


あれ、レアがいない。


「お兄ちゃん! リシテアさんっ! おはようございます! 私は外にいますよっ!」


窓から覗いてみると、どうやらレアは外で朝食の用意をしているようだ。


俺とリシテアは外にでる。


相変わらず、《マッドウルフ》は消滅せず倒れたままだ。


最初は《ゴブリン》が、次は《バジリスク》が消滅せず倒れたままだった。


――三回目だ。


最初はバグだと思っていたが、

さすがにおかしい。


俺は“消滅”するように設定したはずだ――


まさか、設定するのを忘れていたのか?

もうそれくらいしか考えられないが……


ただの、バグなんだろうか……?

とりあえず俺はそのことについて考えるのをやめた。



◆◇◆◇



周りをみると、テ―ブルの上に目玉焼きが三つ置いてあった。


「この目玉焼きはどうしたんだ?」

「近くにニワトリ数匹がいて、その近くに卵が落ちてたんですっ!」


レアは良い焼き加減に見える目玉焼きを見ながら言った。


「その卵で目玉焼きを作ってみました! それと、昨日のス―プの残りもありますっ」

「あらあら、とっても美味しそうね、食べましょ!」

「ああ、ありがとうな、食べよう」


俺達は椅子に座り、目玉焼きとス―プを食べた。


「ん―美味しかったわ!」

「美味しかったですっお兄ちゃんはどうでしたか?」

「ああ、うまかったぞ。さあ、お腹いっぱいにもなったことだし、森に向かうかっ!」


俺達は馬車に乗る。

動き出し、馬車はゴトゴトと揺れる。


レアは楽しそうな表情をしながら、


「今から向かう《カロン》という森は一体どんなところなのでしょうか?」


そう質問をした。


「わたしは、そこに蜘蛛の魔物がいるということ以外は知らないです。お兄ちゃんは知っていますか?」


俺は《カロン》の設定情報を思い出しながら、答えた。


「ああ、《カロン》はあらゆる魔物が大量にいる、少し危険な場所だよ」


俺は続けて言う。


「それとその森には俺の仲間になる美少女が一人いるんだ」



「へぇ―そうなのですかっ。新しい“友達”が増えるのですね! 嬉しいですっ」


楽しそうにそう言った。


「きっとレアやリシテアとも仲良くなるはずさ」

「ニ人共、もうすぐ《カロン》に着くわよ!」


と、馬車が止まったので俺達は馬車から降りた。


「さて、行くか」


俺達はカロンに侵入した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます