#4 戦闘。そして、みんなでのんびりお食事会。

外に出た俺達は、すぐさま戦闘態勢たいせいを取る。


ここで、俺達の簡単なステ―タスを確認しておこう。


ハヤト:レベル6


クラス:勇者


HP:1120


MP:670


属性:無


得意武器:剣


スキル:《三連撃》

【効果】敵一体に対し、瞬時に3連撃を放つ 

    ダメ―ジ”極小”

【コスト】MP300消費



リシテア:レベル6


クラス:騎士


HP:740


MP:320


属性:風


得意武器:槍


スキル:《ウィンドスピア》

【効果】一時的に攻撃力”極小”上昇効果

    一分間、槍に風属性を付加する

【コスト】MP200消費



レア:レベル6


クラス:魔法使い


HP:430


MP:890


属性:雷


得意武器:杖


スキル:《スパ―ク》

【効果】杖から雷を放ち、モンスタ―1体にダメ―ジを与える

    ダメ―ジ“極小”

【コスト】MP410消費。


◇◆◇◆


――グルルルル……


と、マッドウルフ達は俺達を見て威嚇いかくする。

マッドウルフの弱点は無し。

俊敏しゅんびんな速度で急接近し、牙で噛み込んでくるモンスタ―だ


マッドウルフのレベルは7。

俺達よりやや高い。

……これは推奨レベルより俺達のレベルが低いため、手強いことを意味する。


だが、俺のステ―タスと装備は、

このレベルで装備できる物としては規格外きかくがいに強いため、十分余裕で倒せるはずだ。


俺は周辺を見渡し、マッドウルフを数えた。

正面にニ体、左右にニ体ずついる。


「俺は正面の狼を片付ける! リシテアは左の狼を頼む! レアは右の狼を頼んだ!」

「わかったわ」

「わかりましたお兄ちゃん!」


俺は、一体のマッドウルフに近づき、剣撃を叩き込む。

まず剣で切り上げ、そのまま切り下ろす。

そうすると、静かに一体のマッドウルフは倒れる。


すぐさまもう一体のマッドウルフが、俺に向かってもうダッシュで襲ってくるが、

俺は剣で防御態勢をとりマッドウルフの攻撃をはじく。


スキルを使用しない状態での防御なので、HPゲ―ジの一割が削られた。


防御態勢を解除したその刹那――

更にもう一体のマッドウルフが俺に襲いかかってきた!


「まずいっ!」

「《ウィンドスピア》!」


リシテアのスキルが発動し、マッドウルフに向かって突きをいれる。

マッドウルフは倒れた。


「ハヤトくんっ大丈夫?」

「ああ大丈夫だ。そっちは?」

「今のでニ体目を倒したところよ」


俺は正面の狼に《三連撃》を叩き込み一体を倒し、

レアの方に向かう。


俺とリシテアで四体倒した、あとレアのニ体はどうなった?


「大丈夫かレア?」


レアは少し疲れた顔で言った。


「大丈夫です、一体の狼は倒しました。あとは任せてくださいっ」


レアは魔法スキルを唱える。


「《スパ―ク》! 最後の一体も倒しましたっ!」

「ハヤトくん! レアちゃん! 大丈夫?」

「はぁ……はぁ……みなさん。なんとか倒せましたねっ」


メニュ―をみると、三人共レベルが1上がったようだ。


 

◇◆◇◆


「じゃあ、倒せたことだし、こいつらの食材を使って調理といくか!」


俺は戦って疲れ気味なのを隠して言う。(勇者だからな!)


「そうね! みんなで調理しましょ!」


レアはご機嫌な顔をして、ぴょんと跳ねてから言う。


「みんなで料理……わたしっ楽しみですっ」


リシテアは狼の肉を集めながら言う。


「この狼の肉ならぁス―プを作れば美味しくできるわよ!」


俺は近くに見える水辺の方を向いて言う。


「ス―プを作るんなら水がいるな、あそこから水を汲んでくるよ」


あとはそこらへんの草も必要かな?


「あと、野菜っぽいのも必要だな、適当に採ってくるよ」


俺は水辺の方に歩き出した。


遠くからリシテアとレアの声が聞こえた。


「準備して待ってるわよ―!」

「早く来てくださいねっお兄ちゃんっ」

「わかった! 待っていてくれ!」



俺は水辺に到着する。

小屋にあった水筒のようなものに水を汲む。

ついでに、近くに生えている食べられそうな野草を摘む。


食べられそうなキノコも樹の近くに生えていたので、ついでに取っていった。

それらをカゴに入れていったが……

俺は毒っぽいキノコをみて思った。


「まさか毒とかないだろうな……」

「おかりなさいハヤトくん」

「おかえりなさいですっ」


水を汲んで来た俺は若干ヘトヘトになりながら言った。。


「……水をんできたぞ! あと食べられそうな野草やキノコも」


リシテアはカゴいっぱいの野草やキノコをみて言った。


「こんなにたくさん採ってきたのね! 助かるわ!」

「じゃあっ! さっそくこれを入れて調理しましょうっ!」


リシテアたちは、火を起こしてくれていたようだ。


リシテアとレアは笑いながら、

狼の肉とを小屋においてあった鍋を火の上に置く。

それから水を鍋の中に入れ、狼の肉を入れる。

狼の肉をしばらく煮込んでダシを取り、その後に野草や、キノコを入れて混ぜる。

しばらくすると、美味しそうな匂いがしてきて――。


リシテアは楽しそうな表情をして言う。


「ス―プができたわよ!」


レアは両手を広げて手を挙げながら。


「完成っですっ!」


と、はしゃいでいた。

俺達は小屋にあった椅子に座る。

リシテアはス―プをおたまですくって、三人の皿にス―プをついでくれる。

テ―ブルの上にス―プが入った皿を置き、三人の分がそろった。


リシテアは完成した料理を見て言った。


「さあ、食べましょう!」


レアはもう待ちきれないといった表情をして言う。


「食べましょうっ!」


レアはス―プをスプ―ンですくい、パクパクと食べている。


「とってもおいしいですっ! リシテアも、お兄ちゃんも食べてみてくださいっ!」


リシテアもそれに合わせてス―プをすくいながら食べる。


「んん—絶妙な味だわ—狼の肉のダシも効いていてとても美味しいわね!」


「さあ、ハヤトくんも食べてみて?」

「分かった。どれどれ、お味はどうかな―?」


俺はス―プを食べる。


――ぱくっ


う、うまい!


「肉の歯ごたえもクセになるほどうまいし、野草やキノコもうまいぞ!」


俺の反応を見たリシテアは微笑む。


「ハヤトくんに喜んでもらってよかったわ」


毒キノコじゃなかったみたいだな……


それから暫く楽しい食事が続いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます