第11粒「悪夢」

 また同じ夢を見た。

 いつもと同じ酷く嫌な夢だ。


 夢の内容は口にするのもおぞましく、と考える人にその内容を聞かせたとしたら、俺の人間性を疑われそうなほどの内容だ。


 なら自分がこんなことをする夢を見たら気分を害するのは間違いない。

 しかし、俺はを何度も繰り返し見ているからか、夢の内容自体にはもう慣れていて何も感じない。


 ただ、だ。




 夢の中での俺はだった。


 みんなで楽しく山に遠足にきていた。

 夢の中の俺は遠足の途中で好きな女の子をいた。


 シーンが替わり、にいた。

 ホームには綺麗なお姉さんが一人だけいた。

 俺は電車が来る直前にそのお姉さんをいた。


 またシーンが替わると俺はになっていた。


 夢の中はだった。

 給食当番をしていた俺は給食のシチューに家から持ってきたをいれていた。


 次のシーンはだった。

 泳ぎが得意な俺は潜水をして浮き輪で浮かぶ人の足を次々といた。


 それからシーンが切り替わるとになっていた。


 俺は夜の道路にワイヤーを架けていた。

 そこに暴走族がやって来て次々とそれに引っ掛かりいた。


 その次はにいた。

 そこは俺の通っていた学校ではなかった。

 可愛い女の子が一人そこに倒れていた。

 女の子は何を言っても泣くだけだったので俺は女の子のいた。


 次のシーンではいた。

 そこは俺の通っていた学校だった。

 理科室で俺と一緒に実験をしていたクラスメイトの袖にアルコールランプのと夢の中の俺が説明していた。


 さらにシーンが切り替わった。

 俺はになっていた。


 高校生になって初めて出来た彼女とにいた。

 部屋の中にはいた。

 部屋はいて彼女の体もに染まっていた。


 さらにどんどんシーンが切り替わっていったが、相変わらず内容はようなだった。


 最後のシーンでは必ずに閉じ込められていた。


 ああ、今日もまただ。


 俺がどんなに求めても俺はこの部屋からはできない。

 俺がどんなに叫んでも俺を見るの眼はではない。

 何度も何度も、繰り返し繰り返し、寝ては起き、起きては寝た。


 何度だった。


 何度だった。


 俺はいつまで経ってもから覚めない。


 俺は何度繰り返し悪夢が終わらない。


 誰か俺のを止めてくれ。


 誰か俺をくれ。


 俺はまた夢を見続けるしかない。


 ダレカユメカラサマシテクレ。















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます