ミミック派遣会社 ~ダンジョンからのご依頼、承ります!~

月ノ輪

プロローグ

廊下を小走りに、先にある部屋をノックする。返事を待たず、扉を開く。


「社長、依頼のお手紙届いておりますよ」


先程届いたばかりの手紙を手に、室内へ。だが…。


「あれ?社長?」


少々乱雑だが、暖かな木漏れ日が差し込む部屋には誰もいない。しかし先程社長をこの部屋に連れてきたのは自分である。トイレにでも行ったのか…?


「あれ、でも箱が冷たい…」


社長椅子…の上にポツンと置かれた豪華な空箱に手を差し込む。もしトイレに出かけた程度ならばまだ温もりが残っているはず。しかし、それはない。どうやら自分がいなくなった直後にどこかに行ったらしい。


「でも社長寝ぼけてたし…遠くに行くはずはないんだけど…」


思わず首を傾げる。と、どこからともなく耳に小さく入ってくる音が。これは…寝息。となると…。


「また時間稼ぎに隠れたんですね…」


はあ、と溜息をつき、部屋の中を見回す。鉄箱に木箱、樽に布袋、宝箱にトラップ箱。この部屋が散らかっている理由である箱群。恐らくこのどこかに隠れているのだろう。なにせ、社長はミミックだから。



「ここかな…いない」


「ここ…!違うか…」


ギイバタンギイバタンと箱を開け閉め、手当たり次第に確かめていく。だがどれを開けてもスカ。それをあざ笑うかのように寝息は静かに聞こえ続ける。というかこの音、一体どこから…。


「…上か!」


耳を澄まし、ようやく発生源を突き止める。書類が仕舞われている戸棚、その上に置かれた雑品入れの箱からである。妙な位置から聞こえていたから混乱してしまった。


「また取りにくい位置に…よいしょっと!」


悪魔族の特徴である羽を羽ばたかせ、少しだけ浮き上がる。角が天井に刺さらないように注意しつつ、箱を引きずりだし、机の上に置く。そして、蓋をパカリ。


「起きてください、社長。かくれんぼは終わりですよ」


箱の中、雑品の上に丸まって寝ていたのはピンク髪の一人の少女。彼女こそが我が『ミミック派遣会社』の社長、ミミック族の『ミミン』である。


むにゃむにゃ言っている彼女の体を優しく揺すると、ようやく目が覚めたようでむっくり体を起こし欠伸をした。


「もう来ちゃったの…?寝足りないのに… ふぁふっ…」


「いやいや、朝礼があるんですから起きておいてくださいって…。ほら、早くボロ箱からご自身の箱に移ってください。どうやってあんな場所に入ったんですか全く…」


「んー?こうやってにゅるんって」


まるでスライムのように身体を滑らかに動かし箱を移る社長。その姿に思わず苦笑いをしてしまう。見た目は人型だというのに、軟体生物みたいな挙動。相変わらずミミック族は特殊な身体をしている。


…まあ社長から言わせれば羽と角、細い尻尾が生えている私の様な悪魔族のほうが特殊らしいが。箱の中で寝られないね、と笑われたこともある。正直、入りたいとは思わない。



「さ、じゃあ運びますよ。朝礼に着くまでの間にこの手紙読んでおいてくださいね。とりあえず視察に来て欲しいらしいです」


「はいはーい。じゃあ運ぶの頼んだよー」


手紙を引きずり込み蓋がパタンと閉じられた社長入りの箱をよっこいしょと持ち上げ、部屋から出る。では今日も一日、仕事を頑張ろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます