これは・・・ですが

作者 斉藤一