ことば


 いや、水ぎわさんのところの「ネンくん(小6)」の面白エピソードで盛り上がっているところですが…。

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054918889496

 ネンくんのエピソードを読んでいる時、我がうちの小5の娘が隣に来て一緒に読み始めるわけですよ。

「なに?これ。ねえねえ。面白い。この子。お母さんも、ここに何か書けるの?」

 まさか「BL書いてます。おっさんずラブの妄想を文字起こしして、書いてます」なんて言えません。

「まあ、少しはね……」

「じゃあさ、私のことも書いてよ~!!早く!」

 と、まあせがまれまして。車は「エル」に乗ると息巻いている彼女の間違いエピソードを一つ書いてみます。


 先日、調理実習の持ち物をメモしてきた娘。その手帳を読んでみると…。


『じゃがいも…30グラム

 キャベツ…50グラム

 ブロッコリー…50グラム

 ごま油…10ミリリットル

 しょうゆ…10ミリリットル

 はし

 マスク

 


「ん!?ってなんだよ、ヨプロンって」

「え~、エプロンだよ。笑わないでよ!カタカナ分からなかったんだから」

 !?

 小学1年生の下の娘がカタカナを学んでいる最中なのに、小5のあなたが「カタカナわからなかった」ってっ!?もう、本当に笑うしかない長女です。


 そして、この連休。実家に行って姪っ子に会ってきました。ぶーちゃん(仮)は3歳になったばかりの女子。おしゃべりも上手になってきて、なんでもお話します。妹運転の車に私たち三名とぶーちゃんと乗ってドライブをしていた時のこと。

「わ~!こっちのはぶーちゃんの、こっちのはママのね」

 ま、マハン?

「ああ、『マハン』ってごはんのことだよ。田んぼ見ると『マハン』って言うんだよね」と妹。

 嘘だろう? 三歳児、田んぼ一反分が自分の米だというのか!? どんだけ食い意地張っているんだ……と思いつつ、子どもの日本語って可愛いなと思いました。

 ぶーちゃん語録、少し書いてみます。

「みしる」→「味噌汁」

「すぱぺっぴー」→「スパゲッティ」

「こてまんど」→「かくれんぼ」


 小5での言語の間違いは「頭緩い」ですけど、小さい子の言語は可愛さしかない。ああ、もう少し勉強してくれと心配になるこの頃です。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る