雪うさこ雑録

雪うさこ

自己紹介なのです。


みなさま、改めまして「雪うさこ」です。

いつも、作品でお世話になっております。

日々のこととか、作品のこととかを近況報告で書いてはいるんですけど、更新情報を書きこんでいると埋もれていくような気がしたので、こちらに書いていこうかとおもって……一心発起をして雑録集を作ってみました。


ということで、自己紹介です。

自己紹介って、どこまで書くものなのか、ちょっとドキドキですけど、思いついたことを書いてみたいと思います。


◻️ペンネーム

ゆき うさこ

由来:春になると山に現れるという「雪うさぎ」からもらいました。私の住んでいる地域では、この「雪うさぎ」が山に現れると農作業開始の合図だそうです。

ちなみに、「雪うさぎ」とは、春になって山に積もった雪が溶けずに残っている形がうさぎに見えます(ここまで書くと住んでいるところがバレそうだな)。


◻️年頃と性別

 昭和生まれの昭和育ち。最近の人ではありませんね。一応、女です。


◻️家族

 娘二人がおります。夫はいません。先日、調停離婚完了しました。まさか。私が?!チャーミーグリーンのおじいちゃんとおばあちゃんになると思っていたのに(古い)…。

 でもね、調停って面白かったです。いつか、これネタにしたいなって思っています。人生で調停を経験できるなんて、結構、自分の人生、持ってるな〜と思います。

 妄想に足半分突っ込んでいる夢みがちな女なので、リアル結婚生活は破綻です。結婚は向いていませんが、子どもたちとの生活はすこぶる楽しんでいます。我が子らも私の血を引いているようで、小学生のくせに夢みがちのヲタク気質。血は争えません…。


◻️仕事

 そうね。普通の会社員とは記載しておりますが、普通ではないのかな?一応、医療系専門職です。人の人生を覗き見するような仕事についておりまして、私の人生は一つなんですけど、色々な方の人生の擬似体験のようなことをさせてもらっています。な展開も多く、毎日が波乱万丈。出勤してから、退勤するまで、ともかく人と話している仕事なもので、自宅に帰る頃には、電池切れの日々です。


◻️性格

 引っ込み思案で、大人しい幼少期を過ごしましたが、医療系専門職の世界というものは、黙っていると貧乏くじしか引かないので、かなり仕事中は別モードになります。おっちょこちょいで、妄想家。つい思っていることが口を吐いて出るので、「毒を吐く職員を集めよう」企画にリストアップされたこともあります。


◻️文章をかき始めたきっかけとか、なんやかんや

 元々は高校時代に漫画を書いていました。当時はパソコンなんてものはそうそうなく、ワープロの時代。高校を卒業してワープロを手に入れた時に、漫画は断念し、その漫画作品を文字起こしし始めたのがきっかけです。それから数十年経ちますが、一つの話に夢中になっていたので、処女作はかなりの超大作で何年もかけて書いていた感じです。「田舎犬都会猫シリーズ」は、その、処女作の脇役キャラたちを、取り上げた形になっています。

 当時は、もちろん、外に出すことはできなくて、自分一人で妄想を形にして楽しんでいたというところでしょうか。

 十年前くらいにホームページのサイトでいくつか発表していて、そして、あちこち流れて現在に至ります。


◻️趣味とか、好きなこととか

 趣味という括りがどうなのか…好きなことは、ピアノを弾くこと、妄想すること、本を読むこと、仕事、人前で話すことです。音楽はともかく好きですけど、雑食。好きだと思うものは、どんなジャンルでも聴きます(クラシック、洋楽、邦楽、サントラ、演歌、昭和歌謡など)。

 好きな場所は、図書館、音楽ホールです。心が疲れた時は、そこに足を運んで一人の時間を楽しみます。


◻️これからのこと

 とかく、少しずつですが、自分の妄想をこうして表に出すということはなんともお恥ずかしい気持ちにもなりつつ、少しでも楽しんでいただける方がいるならば、更新をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

あ、そして、コメントは大変喜びます!


 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る