青春の1ページ目は、ありふれた場面から始めよう

作者 かりんとう