そして、腐蝕は地獄に――

作者 ヰ島シマ