俺がライトノベル作家と分かったとたんにあの娘がグイグイくる

作者 もりし

316

123人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 初めまして。
 他の作品も拝見しておりますが、この作品には凄く考えさせられました。

 たしかに評価だけが全てではないですが、やはり★や応援に励まされることは多いです。
 更新を続けるモチベーションにはなりますね。

 本当にラノベ作家さんて偉大だなと思います。

 これからも応援しますので頑張って下さい!

★★★ Excellent!!!

色恋のリアルさがライトノベル作家になった主人公と合致してとても面白く読ませていただきました。書かなくていいのでしょうが関西弁とても怖いです。軽くカルチャーショック受けてしまいます、それに合わせてこの題材の色彩を際立たせる言葉にもなっていると思います。上手くいかないその表現が抜群に上手くて、普通の一生懸命努力して生活している小説家の努力とエネルギーのかけ方がリアルでよかったです。彼女が小説を書き始めたのは理由までは思いつきませんが、多分どうなるんでしょうか?わかりません。恋愛ものの別視点を見せられているようで楽しかったです。応援しています。良作だと思います。

★★★ Excellent!!!

最近の主人公ってわりとガツガツしてないし優しいですよね。
浮気! 不倫! がド定番なTVドラマと違ってラノベだとドロドロした恋愛関係の話も滅多にないですし。
エロ方面だとNTRとかいうジャンルが大人気ですけど。
そんな中でこの作品は好きだった子が親友と付き合ってるところから始まるんですけど、それが新鮮というか、関西弁のリアルさも相まって実際にありそうだなぁ、と思わされました。
声優志望と小説家ってとこだけ抜き出すとフィクションに感じられるのに読んだらリアル。不思議。