明智光秀によろしく

アメリッシュ

第一部

第1章

第1話 姑と一緒に転生、ありえへんから!

1573年8月(天正元年)いわゆる戦国時代


【プロローグ】


 近江、小谷城にて馬上からオババの檄が飛んだ。

「古来より近江を制するものは天下を制す! 皆の者! おくするな、敵は浅井長政ただ一人! 首をとるぞ!」

「おう!」


 どの兵も泥で汚れ日焼けしていた。その一人である私は手に持つ長い槍を持て余しながら走っている。やけくそで泥と汗と血の戦場を走っていた。


「おっし、ここじゃ、ここを陣地として、死守する」

「おう!」


 なんで、オババ、そんなに意気揚々と気勢をあげてるって。そんな場合じゃないでしょ、この事態、ほんと信じられない。

 え? なにかの戦国武将イベントに参加しているかって?

 ちがうの、マジの戦場、ほんと血を見てる……


 そうそう、最初に自己紹介しといたほうがいいかもしれない。


 私の名前はアメ。問答無用の専業主婦だ。そして、オババというのは、夫の母親。つまり、私からみれば問答無用のしゅうとめにあたる。


 ねぇ、わかっていただけるだろうか? この私の悲惨な状況ってのを。


 戦国時代に転生した悲劇と姑が一緒という悲劇。ま、これ、どっちが大変かって問題なんだけどね。


 それ、一択だから!


 世界で最も一緒にいたくない人物、それは……、

 学生も仕事も結婚もして、一通りを経験した私からいえば、それは間違いなく"姑"一択だ。

 すぐイラっとする教師とか、会社の嫌味な上司とか、噂好きの友人とか、一緒にいたくない人類はいるけど、やはり、姑は最強だ!

 ゲーム界でいえばラスボスに近い。


 このラスボス、姑オババは、これまたすごいディズニー狂いでさ。ディズニーと聞けば何処へでも飛んでいく筋金入りのオタク、これが普通の姑とは異なり厄介なところでもある。


 さて、あろうことか、私と姑は異世界に意識が転生してしまった。強調しておくけど、おそらく一緒に転生する相手を選べるなら姑は最下位になる。いや、むしろ、選択肢にない。


 そんな状況の私にとっての望みは、この冒険譚を読んでほしいってことなんだな。


【第1章】


 さて、話は3ヶ月ほど前まで遡る。卑しい掘っ立て小屋で目覚めたところからだ。


 現実へと意識が戻ろうとしていたが、今から考えれば戻りたくなかった。体が重くてだるい。低血圧の私は朝が苦手で、だから、ぼぅ〜と……


 ぼぅ〜と……


 いや、違う、なんか違う。なにこれは?

 むっちゃ爽快なんだよ。とても気持ちいい目覚めなんだよ!

 これまで生きてきて、こんな気持ちの良い目覚めは経験したことがなく、その上に体が軽い。


 なにかがおかしいってすぐ思った。奇妙だ。これは、いっそ、なにかの病気か? いっそ爽快病なのか?


 目覚めるまえに違和感ありまくりだった。

 あるいは天国で目が覚めたのかってまで疑った。

 低血圧は低血圧らしく、朝は辛いのって言い訳して、怠けなきゃいけない。その使命感にも似た思いで偏頭痛を呼んでみたが返事がない。なんとも気持ちがよい。


 片目を開けた。天井に古びた木の梁があり、寝返ると何かに当たった。

 あ、ありえん!

 ぜったいに、ありえん!!

 なに、このひなびたを通りこした壊れかけの場所は、ぜったいに廃屋だ。その上に、床は硬い木材の板で、それもかなり痛んでいる。板でイタってダジャレ考えてる場合じゃない。


 その時だった。

「目覚めたか!」

 頭上から声がして飛び起きた。


 おっと、勢い余ってつんのめりそう。私の体、動きが良すぎる。

 ポンコツ軽自動車が急にフェラーリになったみたいに身体の動きがいい。

 で、声のする方向を振り向いたんだ。白髪交じりの女が土間に立っており、こちらを険しい目でにらんでいた。ひどく汚れた古い着物を着て、貧しく、そして、怖い顔。


 とっさに誘拐されたって思ったね。

 この女が誘拐したんだって。


「わ、わたしを、私を誘拐したって、得にはならないから!」


 中年の女はいきなり吹き出した。


「誘拐! こっちが言いたいわ。名前」

「へ?」

「名前を聞いてる!」


 この上から目線の言葉使い、なぜか懐かしさを感じた。


「な、名前って、個人情報つかんで、オレオレ詐欺ですか」

「はよ、名を」

「聞いて驚くなよ」


 つい虚勢をはってみた。誘拐犯には負けてはおれん。で、なんと名乗る?


「まちがいないな。その素っ頓狂な受け答え、ものすごく馴染みがある。アメか」

「そ、そうだから」


 あっ、し、失敗した、自分の本名を明かしちまった。


「なぜ、知ってる、誘拐犯」

「わたしは誘拐犯ではない。そして、私はあんたの姑だ」

「へ?」

「オババじゃ」


 ないないないないない……


 今、話しているのがオババ?

 ぜったい違う。確信を持って言える。この目の前のおばさんはオババじゃない。超ディズニーオタクの方向性を間違ってる姑とは外見がまず違う。

 オババは背が高くがっちり系。そんじょそこらの嫁なら、ひょいって抱えて吹き飛ばしそうな大女がオババだから。


 一方、眼前でオババを名乗る女は痩せ細り小柄だ。確かに白髪交じりだし、顔は日に焼け真っ黒でシワが多く老女に見えなくもない。


 しかし、お判りになるだろうか?

 76歳の女と、40歳過ぎて老けて見える女の差というものを。ちなみに姑は76歳で、今、眼前にいるオババと名乗る女は若い。


 もっと年齢を下げるとわかりやすいかも。例えば、20代で老けて見える女性と、40代で若く見える女性とは、それは似て非なるものなのだ。世にいる美魔女。彼女たちは確かに若く見え美しい。しかし、20代ではない。


 年齢は身体全体や顔に現れ、どんなに若く見えようとも、それは隠し難いものなんだよ、女性諸君。怒らんでくれな。

 自戒を込めて書いてるんだから、若見えしても年齢が現れてるんだ。若く見えると、実際に若いは違うって。ことによっちゃ地球規模の距離が、その間には存在してる。


 だから、はっきり言える。

 目前の老女に見える女はオババじゃないし、さらに言えば顔が違う。身長が低いし筋肉質だった。確かにオババはママさんバレーをして、スポーツ大好きだから、なにかと元気だったけど、これほど鍛え抜かれた体型はしていない。


「あなたがオババのはずがありません!」

「自分でもそうありたいよ」

「その姿、まるで違うし」

「自分の顔を見たのか」

「私の」

「ほら、そこの水の入ったツボをのぞいてみればわかる。腰をぬかさんようにな」


 土間からパチパチと音がして、薪が燃える香ばしい匂いがした。

 え? カマド? あれはカマドじゃないか。また、風流な。そして、カマドの端には黒ぽく汚れた大きなツボがあった。

 私ね、どうしようか迷ったが土間に降りて、それから、おずおずとツボをのぞいてみたんだ。


 いやいやいやいや……


(つづく)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます