しがない深夜のコンビニ店員だけど、J-SCKDに懐かれている

作者 杜社

830

298人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品は、作者の溢れるほどの「幸せへの想い」と
「幸せを願う愛情」に満ちている。
私たち読み手までも、その想いと愛情に包まれているような、
幸せへの道に今自分も立っているかのような錯覚を起こす、とても貴重な物語だ。

 人はどうしようもない苦しみや悲しみに押しつぶされても、
自暴自棄になって自分でも何故そうするのかわからない言動に走っても、
謎の屁理屈をこじらせて馬鹿げた思い込みに閉じこもってしまっても、
幸せを求めずにはいられない。願わずにはいられない。

でも、そんな当たり前なことを、人は意外と忘れるもの。
しばしば自分が求めているものが何なのか、忘れたと思い込む。
もう自分には見えない、目指すことも資格がないと目を瞑る。
そして、時として間違える。拗らせる。

心の底で願う幸せに続いているであろう「道」は、
社会で暮らす中で自分とどう向き合うか、
何に対してどう固執するかによってどんどんと形を変え、
それは時に友人関係に、時に家族のあり方に、
時に幼なじみとの恋のあり方にも影響を及ぼしながら複雑に分岐していく。
それは迷路のように。

現実社会では、それは時に冷酷な牙を向き、
求めていたはずの幸せの対極が訪れることがある。
後悔しても、悔やんでも、心からの反省をしても、
一度幸せへの道を見失うと、
改めて求める道を見つけ出すことは本当に難しい。
 
 だが、そんな現実のあり方のほうが嘘っぱちだと言っているかのように、
この物語の人々は心で繋がり、幸せのあり方を求め、
主人公を幸せへの道に“追い込んでいく“。
しかも、その主人公を取り巻く人々が歩む道もまた、
読み手の想像や感覚を裏切るほどの多幸感に満ちている。
“皆幸せになって欲しい、幸せにならなくちゃダメだ“
そんな強い想いと愛情が込められている。

こんな人々が、きっとどこかにいる、どこかで起きている、
そう信… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

主舞台は小さなコンビニです。

其処で働く少し訳ありな主人公と、個性的なヒロイン4人の「愛」を覗き見しませんか。

序盤から中盤で少し主人公にモヤモヤしてしまうかもしれませんが、【種明かし】は終盤にあります。

そして、あなたは何を感じるでしょうか。


ぜひ最後迄読んでみて下さいね。

オススメです!✨